未来に向かって自信と力を身につけ チャレンジできる子どもへ

HOME
TOP 代表あいさつ
FLOWについて キャンペーン
事業内容
運動教室 忍者ナイン 英語教室 レプトン
ネクストリーダー
アカデミー
オンライン
運動レッスン
お客様の声
お知らせ
マガジン 代表ブログ
法人概要
スタッフ紹介 法人概要
LINEお問い合わせ プライバシーポリシー
サイトマップ

BLOGBLOG代表ブログ

IoT

私立進学を考える時に進学率を見たほうが良い理由

花城 康貴花城 康貴

あなたは大学生になった時のお子さまを
イメージすることが出来ますか?

10年以上先の話なので、
ちょっとイメージしずらいなぁ…と
思うかもしれませんし、

または、
●●大みたいな所で楽しくキャンバスライフを
過ごしているかも…と

具体的にイメージ出来るかもしれません。

今日はまだ少し先の大学生になる前の話にしについて、
興味深い記事があったのでここでシェアしたいと思います。

結論からお伝えすると、
我々が進学を考える時、
よく次への進学率を気にするかと思います。
●%の学生が●●大学に行く等です。

それを指標にして、大学を選ぶことは
とても一般的だと言えます。

しかしながら、入った学生がどう卒業したか、
について学校選びの時に意外と
チェックしていないのでは?と思います。

具体的にいうと、
あなたは大学に卒業率という
数字があることをご存じですか?

シェアさせていただきたいブログ記事は
こちらです
↓↓↓

大学入学後の中退や留年の実情を、高校側はぜんぜん知らない

 

 

【卒業率】とは

文字どおり、入学した大学の何割が4年、
または医学部系だと6年で卒業したか?
の数字になります。

大学試験に合格したから、
そのまま全員がストレートに卒業するとは
限らないということです。

しかし、卒業率が100%じゃないから
ダメな大学、学生とは簡単には言えないです。

例えば、
少し古いデータですが、平成27年度
東京外国語大学言語文化学部では
4年間で卒業したのは、46.15%でした。

これは1年間、海外留学しているからと
下記の調査票に書かれています。

http://www.tufs.ac.jp/documents/abouttufs/public_info/rep_kyoiku_28.pdf

つまり学科によっては、
4年生の大学だけれど、
5年以降大学に行く可能性はあります。

これはポジティブな理由ですし、
親としては行けるなら、
ぜひ海外留学してほしいと思う方も
多いのではないでしょうか?

しかし、
気をつけないけないのは
理由が分からないけれど、
卒業率が他と比べて低いケースです。

今、幼稚園・小学生のお子さまをお持ちの保護者さんであれば、
大学選びには時間がかなり先の話ではあります。

また、
その頃には大学の状況もガラリと変わっていると思います。

ただ、その時には大学の名前、偏差値、就職の実績、
だけではなく、そもそも卒業しているのか?
についても我々は知っておく必要があります。

この観点で大学を見るのは、
役に立つかと思います。

もし、
お近くに大学進学を考えているお子さんの保護者さんが
いらっしゃいましたら、「卒業率」も見たほうが良いよと
お伝えいただければと思います。

あと、私立小学校~高校のエスカレートを
考えられている方は
この考えは応用できるかと思います。

何かというと、私立小学校に入った生徒が
どれぐらい付属の中高を卒業したか?です。

多くの私立小学校は中高併設ですので、
その指標も私立小学校選びになると思います。

最低でも6年間、
中高あわせて12年間お世話になる学校です。

定量的な面からも判断することは、
とても大切です。

花城 康貴

この記事の書いた人

花城 康貴

(FLOW代表)

CONTACT

まずはお気軽に、
LINEでお問い合わせください。

LINEお問い合わせはこちら

このページのトップへ戻る