未来に向かって自信と力を身につけ チャレンジできる子どもへ

HOME
TOP 代表あいさつ
FLOWについて キャンペーン
事業内容
運動教室 忍者ナイン 英語教室 レプトン
ネクストリーダー
アカデミー
オンライン
運動レッスン
お客様の声
お知らせ
マガジン 代表ブログ
法人概要
スタッフ紹介 法人概要
LINEお問い合わせ プライバシーポリシー
サイトマップ

BLOGBLOG代表ブログ

未分類

みんなで見よう

花城 康貴花城 康貴

前回、イングランドVSフランス戦はひとり 自分の部屋でソファに座りながらアイスクリームを食べながら見た。 これはこれで、すごくリラックス見れたわけだが、やはりで黙ってハラハラしながら見るよりは、みんなと「Ohhhh!!」とか「NOOOOO!!」とか「Buuuuuu!」とか「YEAHHHAAAA!」とか「COMMMEEE ONNNNN ENGALAND!!」って感情を分かち合って見たほうが断然楽しいわけです。
てなことで、今回のスイス戦は友達と学校のクラブで応援
ゲームが始まる前 フランス戦より全然人が少ないらしい 楽勝ムードか?  前半戦、みんな釘付け
その中で冷静で見る男(右側)  ゲーム終了直後
こっちで観戦するにはビールはやっぱりかかせない

結果から言うと3-0でイングランドの勝利。 ルーニー2点、ジェラード1点。
まぁそれはよし3点も採れたんだから、しかし内容的にはどうだろうか
最初の1点までは両チームとも競り合っていて、特にイングランドは攻めあぐねていた感があったと思う。 しかしルーニーの2点目、スイス勢の退場を機に一気に流れがイングランドになったのも事実。 
ただ、日本の試合を見てるわけじゃないんだが、一瞬防御力が見てて「やばっ!」って自分が分かるぐらい崩れているor散漫な時があったのではなないか とも思う。
試合の内容はこれぐらいにして、一番感じたのがよく解説者がいう ゲームの流れというやつと士気。それは明らかに存在していた。(なんで今頃分かったのかは不明) 一番強く感じたのはスイスが1点採られた後の瞬間、防御から一気に反転、攻勢したわけだが、あの時の選手達の集中力はスゴイ!と単純に思った。 実際、すごく組織だってたと思う・・・
日本の安土桃山時代に、いかに士気・機が大事か言われていたのと、これは同じことなんだろうか、そしてビジネスの場合はどうなんだろう・・・

以下、他のポイント
・ゲーム終盤 ルーニーがピッチを去るときの歓声はものすごかった
・ゲームが終わってからWe are the Champisionsを歌うのはいいが少しまだ早いだろうと思った。 まぁそれでも一緒に歌ってしまうんだが・・・
WEEE ARRR THAAA CHAMIOOOOONS ANDDD FRIEEEENNNNDDDSSSS・・・

花城 康貴

この記事の書いた人

花城 康貴

(FLOW代表)

CONTACT

まずはお気軽に、
LINEでお問い合わせください。

LINEお問い合わせはこちら

このページのトップへ戻る