未来に向かって自信と力を身につけ チャレンジできる子どもへ

HOME
TOP 代表あいさつ
FLOWについて キャンペーン
事業内容
運動教室 忍者ナイン 英語教室 レプトン
ネクストリーダー
アカデミー
オンライン
運動レッスン
お客様の声
お知らせ
マガジン 代表ブログ
法人概要
スタッフ紹介 法人概要
LINEお問い合わせ プライバシーポリシー
サイトマップ

代表あいさつ 代表あいさつ 代表あいさつ

自信を育む教育の連鎖で
世界をより良くする。FLOW代表 / 花城 康貴

「自信」それが次のチャレンジを生む

「これ、チャレンジしてみる!」
という意欲があること。
そして実際にアクションを起こすこと。
これからの時代は、この精神力と行動力と柔軟性が
より重要視される時代になってきたと感じます。

ほんの1ヶ月先の将来ですら予測不可能な世の中になった昨今では、
目まぐるしいほどに環境の変化が起こっています。

世界中を震撼させている、新型コロナウイルスは、
たった2週間で全人類の生活環境を急変させ今もその変化の真っ只中にあります。

そんな時に、環境が変わり切るのを待っているだけではなく、
いち早く環境に順応して、次のアクションを取ることができる。
本当の意味でそんな強さを持った人材は、今後社会から求められると想像できます。

このチャレンジする心は、どうやって育成するのか。
簡単なようで、とても難しいです。
FLOWでは「自信」を育成する事。
ここが子供達の背中を押す最大の要素だと確信しています。

お勉強は得意だけど、
体育の時間はとても憂鬱。
これが自信をなくす要素

子供たちにチャレンジ精神を持ってもらうために、具体的な取り組みとして、
段階的なテストを定期的に実施することで着実な成長を、
子供達自身で、感じる環境を整えています。

そして、知育・教育・運動を併設している理由は、お勉強は得意だけど、
体育の時間はとても苦しいほどに憂鬱だった。。。
という花城少年(私です笑)の経験をもとに、
あらゆる分野を満遍なく経験することが重要だと感じるからです。

なんとお話しすれば良いのか、難しいですが、、
ある種引け目を感じる瞬間があると、一歩出遅れちゃうというか、どこか自信が持てなかった。
今思えば、周囲との運動能力の差は無かったのかもしれないし。
単純に自信がなかっただけなのかな?と思えてきます。

要するに、苦手を克服してあげると、心が前向きになる瞬間があるので、
そのスタートラインに立つことをまずはサポートすべきだなって思います。

将来、地球人として
活躍する人材育成をしたい。

ちょっと難しい話をしますが、
世界では既に、環境を守ることを前提とした
商品やサービスがビジネスの柱になっていたり、

貧困や飢餓の解消や、生活環境やジェンダーレス社会を整える
動きが中心となっており、
幼稚園で既にそのような教育を義務化しているほどです。

ある6歳のヨーロッパの男の子は

私:「お肉とお魚はどっちが好き?」
男の子:「お魚だよ!」
私:「なぜお魚なの?」
男の子:「お魚の方がCO2を出さないから!」

と、既に味とか、食感で好き嫌いを判断しているのではなく、
環境に配慮した思考のもと判断をしています。

こういった、日本ではまだ注力されていない分野であっても、
世界では一般的に取り入れられている教育も行うことで、
日本のみならず、世界でも活躍する人材を育成したいという思いもあります。

FLOW出身の子供たちが、将来、
私たち大人が叶えられなかった技術や環境を創り出すようになってくれたら。
やっぱり教育人としては本望でございますし、
その瞬間にお関わりさせていただくことはとても貴重でかけがえのない瞬間のように感じます。

代表の花城 康貴(左) と、統括マネージャーの花城 律子(右)

CONTACT

まずはお気軽に、
LINEでお問い合わせください。

LINEお問い合わせはこちら

このページのトップへ戻る