未来に向かって自信と力を身につけ チャレンジできる子どもへ

HOME
TOP 代表あいさつ
FLOWについて キャンペーン
事業内容
運動教室 忍者ナイン 英語教室 レプトン
ネクストリーダー
アカデミー
オンライン
運動レッスン
お客様の声
お知らせ
マガジン 代表ブログ
法人概要
スタッフ紹介 法人概要
LINEお問い合わせ プライバシーポリシー
サイトマップ

BLOGBLOG代表ブログ

SDGs 勉強会 学び

SDGsは教育的バックボーンが大切

花城 康貴花城 康貴

成人の日は京都でSDGsのお勉強でした。

SDGsといえば、即『環境問題』と直結してしまいそうですが、実はそれだけはないんですよね。

SDGsは包括的な目標であり、環境もその一部だったりします。なので17個もゴールがあるわけです。

勉強会の中の質問で「まだまだ知られていない日本で、達成できるのか?」というのがありました。細かい個別目標もありますが、オリンピック誘致の時のように日本全体で話題になっていなのは事実。ゴールに対して不安を感じるのも当然ですね。

知らないことの責任はひょっとしたらメディアにあるかもしれませんが、私としては全員が知ることよりも、知った人から実践していく方が結果的に早いんじゃないかな?と思います。知られていないことを憂うのではなく。

また、政治がSDGsに対して肯定的か?という側面もありますが、それも政治まかせではなく、今の自分の社業から、学生さんなら今自分が学んでいいることから、どうSDGsに繋がていくかが大切だなぁと思うわけです。

もちろんそれらに精通している政治家を見つけるのも大事。

でも、「そうは言ってもねぇ…あっちが立てばこちらが立たずで難しいよ」とうのが大半だと思います。だからこそ、企業主体で物事を進めることと、教育の変容が必要です。

とくに教育。この辺り何故、スウェーデンでは環境活動が当たり前に行われているか、教育を軸に見てこようと思います。

そう思うとSDGsの達成だけではなく、孫の孫の代、この世界が持続的に続くためには正しい知識と、自ら考え、挑戦する人財育成が大切だなぁとペオさん、聡子さんの話を聞いて感じるところでした。

あと、勉強会中 小さなお子さんのお母さんと色々子育てについて意見交換できたのが貴重な時間でした。

花城 康貴

この記事の書いた人

花城 康貴

(FLOW代表)

CONTACT

まずはお気軽に、
LINEでお問い合わせください。

LINEお問い合わせはこちら

このページのトップへ戻る