未来に向かって自信と力を身につけ チャレンジできる子どもへ

HOME
TOP 代表あいさつ
FLOWについて キャンペーン
事業内容
運動教室 忍者ナイン 英語教室 レプトン
ネクストリーダー
アカデミー
オンライン
運動レッスン
お客様の声
お知らせ
マガジン 代表ブログ
法人概要
スタッフ紹介 法人概要
LINEお問い合わせ プライバシーポリシー
サイトマップ

BLOGBLOG代表ブログ

ガジェット 勉強会 学び

Apple Pencilは書くためではなく、描くためにある

花城 康貴花城 康貴

iPad ProはApple Pencilを使うために買っても良いと思う

先週iPad Pro 10.5インチを購入しました。
実はガジェット大好きな花城(@16hilltop)です。

Let’s NoteとiPhoneを常に持ち歩いている上に、
さらにiPadも持ちあるくようにな手が結構痛いです。

なんで、それまでしてiPadを持とうとしたのか?

スバリ!
それはiPencilが出来る手書きアプリを使うためです。

実は、iPadで使うペンは結構悩んでいたんです…。

上がApple Pencil、下がEvernote専用のJot Script2です。

前のiPad AirからEvernoteのPenultimateを使う時に
Evernote専用のペンを使っていました。

Penultimateはいいアプリですよ。
書いたものが、そのままEvernoteに同期されるので、
Evernoteが見れるデバイスなら、どこでもノートがチェックできます。

Jot Scriptは書き味はまったく問題なく、スラスラ感がとても快適だったんですが、1つだけ問題があります。

なかなか、iPadと同期してくれない…。

何度も電源を入れ直したり、アプリを再起動したりすると
接続されるのですが、その時間にセミナーはドンドン進むし、
自分の思考もどんどん進むので、まったくノートが追いつかない状況になります。

これは、イカン。
授業中にノートはあるけどシャーペンどこ?どこ?と探し回っている状況です。

一方、Apple Pencilは接続はとってもスムーズです。
Bluetooth接続なので、確実に繋がっています。

また、筆圧もかなり再現されています。

筆圧だけで、これだけの太さが変わります。全体的に毛筆ぽくなります

Jet Scriptの時よりもさらにサラサラ書ける感じですね。

ノートをクラウド管理することで、常に見直したり修正を加えることが出来る上、
手書きなので、そのときの自分の感情というか、勢いみたいなのも感じることが出来ます。

あぁここ嬉しかったんだなぁとか、重たい気づきだったんだなぁetc

紙のノートだと、長年の経験のせいか、どうしても落書き風には出来ないけれど、
クラウドノートだと「自由」があって、思いのままに描けます。
ググったことが、そのままノートに貼り付けるのもとても便利です。

なんか、書くと描くの違いかもしれませんね。

私にとってクラウドノートはマインドマップに近いのかもしれません。

マイドマップの様に思考をデジタル機器に投影したい方は、一度クラウドノートを使ってみては、いかがでしょうか?今はPenultimateだけですが、様々なノートアプリがあるので、自分も探求中です。

iPad Proとロジクールのキーボードをつけています。これで入力がめちゃくちゃ楽に。

花城 康貴

この記事の書いた人

花城 康貴

(FLOW代表)

CONTACT

まずはお気軽に、
LINEでお問い合わせください。

LINEお問い合わせはこちら

このページのトップへ戻る