未来に向かって自信と力を身につけ チャレンジできる子どもへ

HOME
TOP 代表あいさつ
FLOWについて キャンペーン
事業内容
運動教室 忍者ナイン 英語教室 レプトン
ネクストリーダー
アカデミー
オンライン
運動レッスン
お客様の声
お知らせ
マガジン 代表ブログ
法人概要
スタッフ紹介 法人概要
LINEお問い合わせ プライバシーポリシー
サイトマップ

BLOGBLOG代表ブログ

学び 未分類 経営

糸井重里さんの記事から~利他性という親切心から事業を見る~

花城 康貴花城 康貴

こんばんは、花城です(@16hilltop)。
お盆真っ最中の今日ですが、いつものスタバで夕方から籠もっています。

そろそろ帰省ラッシュですね。

経営者仲間が社内イベント用にレンタカーを借りる→すぐパンクという
アクシデントがありましたが、大きな事故にならなくて本当良かったと思います。

健康第一、安全第一 ですね。

さて、Yahoo!トピックにあがっていた糸井さんの記事に
すごく感銘を受けた話しです。

儲ける知性を休ませ、親切を――糸井重里に資本主義を聞く
https://news.yahoo.co.jp/feature/713

僕が学び探求していることと、ほぼ同じことを糸井さんが話されています。

WHYから事業を貫きとおす

「利益をたくさん出せればうれしいが、それが第一の目標になるとずれていくと思う。最短かつ最効率で利益を得る会社が、人に喜ばれるとは思えない」

今年さらに業績をあげるために、データーベース経営を学び実践しています。その一環で、マイツールやマネジメントゲームを学んでいるわけですが、事業経営の目的・目標が粗利最大化というのは、確かに寂しいですね。

それよりも、何を実現するかのビジョンであったり、

何故その事業を行うのか?

WHYの部分が一番大事だと思います。

まさにサイモン・シネックのゴールデンサークル、
「WHYから始めよ!」です。

場を作ることに大切にする

ほぼ日刊イトイ新聞がメディアではなく、場を作りたかったという、糸井さん。

凄く共通のものを感じます。

モノやサービスを販売するという「取引」の意味合いではなく、

その場(例えばお店)が持つ雰囲気が好きだったり、
その人が好きだったり、その人の考え方が好きだったり、

単純なモノやサービスの取引を超越したところで、
購買される社会が今ここ現実にある。

社長に依存するのではなく、チームで成果を出してく

事業として成長していくためには、社長・幹部だけが頑張って、
一点突破で成果を出していくには限界を感じます。

場を創っていくわけですが、皆が総当たりで対処してく必要があります。

なので、一点突破より、各個撃破の戦術の方が時代に合っています。
かのヤン・ウェンリーが好きだったかのように。

儲ける知性から、利他性を呼び起こす知性

キーワードとして「親切」があると思います。もしかしたら自分と利害が相反することかもしれないけれど、それをした方が、この場、あるいはこの先に対していい影響を与えるという判断をする。そのことが自分にも快感になる。それが「親切」です。けっこう高度な知性だと思うんですよ。

「親切」って言葉いいですね。

圧倒的ビジョンであり、三人称の自己実現だ~と思ったんですが、
もっとソフトに言うと、親切心、利他性から来るビジョン実現ですね。

まさに皿回しのようですね。

場を創りながら、
業績を上げなら、
そしてそれらは利他性から来ている

これをするににはやはりチームで挑むしかないと思います。

皆が高い健全度を保ち、収益だけに踊らされるのではなく、
周りにどんな良い影響を与えていくか?そんな問いを改めて立たせてくれる
糸井さんの記事でした。

ここ2年間ほどほぼ日手帳から離れていましたが、
2018年版はほぼ日に戻そうと思います!毎日の一言メッセージ好きだったな。

次の手帳買うのが楽しみです。
2018年度もどうかMotherコラボがありますように!

2018年度のほぼ日手帳はMOTHERコラボあるかなぁ MOTHERは全作品大好きです。3は特に哀愁があって好き。変わってるとよく言われます(普通”2”でしょ!と)

花城 康貴

この記事の書いた人

花城 康貴

(FLOW代表)

CONTACT

まずはお気軽に、
LINEでお問い合わせください。

LINEお問い合わせはこちら

このページのトップへ戻る