未来に向かって自信と力を身につけ チャレンジできる子どもへ

HOME
TOP 代表あいさつ
FLOWについて キャンペーン
事業内容
運動教室 忍者ナイン 英語教室 レプトン
ネクストリーダー
アカデミー
オンライン
運動レッスン
お客様の声
お知らせ
マガジン 代表ブログ
法人概要
スタッフ紹介 法人概要
LINEお問い合わせ プライバシーポリシー
サイトマップ

BLOGBLOG代表ブログ

未分類

Dissertation Proposal

花城 康貴花城 康貴

のん気にERを見返したりしてるが、実はまだレポートを抱えている。金曜朝9時の提出のモノなんだけど実際はレポートというよりは計画書みたいな感じ。 こっちは論文を書く時にProposalといってどうやって書くかの計画書みたいなレポートを書く。 
だが、「僕はこれを書きたいです」ってだけじゃ駄目で、なぜ書くのか、どうやってリサーチするのか等々細かく設定しないといけない。 今から思えばどうして大学の時の卒論ではこういった準備をしないだろうと思う。
昔、2年目のゼミの授業中、ある学生が「卒論のためにインタビューをしたい」と卒論発表の時に発言したのを覚えている。当時はすごいアツイやつだなと思ったが、今から思えばインタビューといったPrimaryなデータの収集をなんの準備もなしにその上やり方も知らずにやろうとするのはかなり無謀だなと思う。 
実際彼は実行しなかったみたいだが、発言した後に、先生が一言、「そんな時間ない」(いつも口調でね)言ったのをよく覚えている。
けどもし1回生の時とかに、リサーチのやり方とかの授業が必修であったら彼もできていたかもしれない。いったいあの基礎演習で何をしたんだ自分は・・・
今回の自分のテーマだが・・・めちゃくちゃリサーチしにくそうだ。 頭の中では電話インタビューもありかと思い あと、自分の頭を整理する意味もかねて、数週間前に少し違うトピックだが数人の人に電話インタビューをした(あの時は有難うございました) そして短時間で電話インタビューの難しさをイヤというほど味わった。 (いい経験させてもらいました 有難う)
とまぁ、このProposalではなんで今回は電話インタビューが向いてないかとか書くわけです。あとその他もろもろ。
ラストのアサイメント、2千字、残り一日とちょっと、
これで晴れて春休みだ(休みは無いらしいが) 

花城 康貴

この記事の書いた人

花城 康貴

(FLOW代表)

CONTACT

まずはお気軽に、
LINEでお問い合わせください。

LINEお問い合わせはこちら

このページのトップへ戻る