未来に向かって自信と力を身につけ チャレンジできる子どもへ

HOME
TOP 代表あいさつ
FLOWについて キャンペーン
事業内容
運動教室 忍者ナイン 英語教室 レプトン
ネクストリーダー
アカデミー
オンライン
運動レッスン
お客様の声
お知らせ
マガジン 代表ブログ
法人概要
スタッフ紹介 法人概要
LINEお問い合わせ プライバシーポリシー
サイトマップ

BLOGBLOG代表ブログ

未分類

携帯ゲーム機

花城 康貴花城 康貴

外は大雨 警報が発表されるほどの雨はここんとこかなり久しぶりだなぁ思いつつ 家に一人 引きこもってるYasです。 たまには家にいてもいいでしょう てかほとんど自室いないからOKと思ったりもします。 やはり外出できない(しない)日はゲームとか映画とか見るのが最適で、最近買ったファミコンミニシリーズの「ゼルダの伝説」なんかをやっております。 

「ゼルダの伝説」は元々ディスクシステムで発売されたわけですが、当時 あまり自分のゲームを持ってなかった自分は(当時はマッピーとくるくるランドのみだった)もちろんディスクシステム自体を持っていなかったわけで、毎日のように近所の友達の家や学校の友達の家にいって遊んでました。 
しかし、ゼルダの伝説はRPGなので友達の家に行ってもあまりする機会がなくて(仮にしてもセーブデータ消されちゃう)まともに遊んだのは今回がはじめて 今思い出せるのは「ウルトラマン」とか ん~懐かしい。
今から思えば仮に実家にディスクシステムがあったとしてもゼルダはやらなかったかも  というのも友達がいるところでゲームをしてるほうが当時は楽しかったから やっぱゲームって誰かに見られながらor誰かの見ながら遊んだほうがおもしろいでしょ? 誰かがやられたらコントローラーを回すって遊び方
まぁ昔のゲーム話はこれぐらいで、最近Game Boy Advance SPを買ったのにNewsで今年中に任天堂が新しい携帯ゲーム機を出すらしく少し買うタイミングを誤ったか?と思ったりもします。
詳細はGame Watchを見てもらうとして、なかなかおもしろいゲーム機です。画面が2つに分かれてます。昔から任天堂は色々趣向を凝らしたゲーム機 周辺機器を発売しては結構失敗もしてるわけで(今でもSFC時代に発売されたバズーカー砲が家にある)、今回のNintendo DSがどうなるのか楽しみ。
携帯ゲーム機の他社を見渡すとNokiaがしばらく前に出した「N-Gage」があるけど あれは1回だけOxfordのCityで遊んでいる人(といっても子供じゃなくて大学生ぐらい)を見ただけでほとんどNintendoの携帯ゲーム機のシェアを削ることはできなかったじゃないかな
また、一方でSONYも「PSP」という名前で携帯ゲーム機を出すみたいだけどこっちはかなり高級なゲームもできるモバイル端末って感じ。 ターゲットは18歳以上の男性みたいだけど値段によっては化けるかもしれない。 任天堂、SONYとも微妙に戦略が違うのでおもしろいことになったらいいなぁと思ったりもします。 とりあえずは発売されて大体20年ぐらいにもなる「ゼルダの伝説」よりおもしろいゲームを作ってほしいものです。

花城 康貴

この記事の書いた人

花城 康貴

(FLOW代表)

CONTACT

まずはお気軽に、
LINEでお問い合わせください。

LINEお問い合わせはこちら

このページのトップへ戻る