未来に向かって自信と力を身につけ チャレンジできる子どもへ

HOME
TOP 代表あいさつ
FLOWについて キャンペーン
事業内容
運動教室 忍者ナイン 英語教室 レプトン
ネクストリーダー
アカデミー
オンライン
運動レッスン
お客様の声
お知らせ
マガジン 代表ブログ
法人概要
スタッフ紹介 法人概要
LINEお問い合わせ プライバシーポリシー
サイトマップ

BLOGBLOG代表ブログ

未分類

なんばとお笑い

花城 康貴花城 康貴

3週間の日本滞在も残り1週間を切りました。 帰国した当初からバタバタと動き回っていましたが、先週1週間(特に後半)はのんびり大阪を堪能していました。 具体的に言うと生まれて初めて吉本を見たり、これまた久しぶりにミナミ(難波パークス)行ったりしてました。 よくテレビで見る漫才や新喜劇だけど生で見るとやっぱりおもしろかった。 けど自分が実家でいる時はテレビでも大してみなかったからやっぱりお笑いに飢えてるだろうか・・・

当初、なんばグランド花月に入ってすぐ新喜劇が始まるものだと思っていたが、そうではなく新喜劇は最後でその前に数組の漫才&ショーなどがあった。 やっぱり吉本やなぁ~と思ったのが、ホールに入った時点ですでに新人の(テレビもラジオもでたことがないらしい)コンビが漫才をしていた。 すでにホールに入った時点でお笑いははじまってるって感じ。
もちろん、まだ本番が始まる時間がないのでお客さんは自分の席に向かったりトイレにいったりしてホール自体がまだ人の流れが止まってない状態なんだけど、それも気にせず二人は喋りたおしていた。 内容はやはり後で控えてる人達と比べるとまだ若いという感じかな けど喋り自体 久しぶりに聞く自分としては十分だったかも。
以下、新喜劇の前のグループ
オール阪神・巨人
笑福亭仁鶴
Wヤング
ジョニー広瀬
海原やすよ ともこ
麒麟
ディックフランコ
(順不同 もう一人笑福亭仁鶴のお弟子さんがいた)
手品のジョニー広瀬とジャグリングのディックフランコを除い全員がお笑いで当然 おもしろかった。 まぁ当然と言えば当然なんだけどその中でもやはり小さい頃から(車のポピーの頃から知ってる)テレビで見てたオール阪神・巨人が見れたのは感動的だったし笑福亭仁鶴はやっぱり違うなと思った。
一方、海原やすよ ともこは一度自分がテレビを見てる時にやっていた同じネタを披露していたが、それでもおもしろかった。 イイ! 
新喜劇はテレビで見るより舞台が小さく感じた、ひょっとしたらテレビ用に収録してるのは花月じゃないのかもしれない。 内容はすごくシンプルで且つ分かりやすい上に人情ものもあり、お笑いありと自分が今まで持っていた新喜劇のイメージとは少し違っていた。 もし今までテレビで見てて新喜劇は舞台から新しい芸人が出たらとりあえずみんなでずっこけるだけ っていうイメージを持っている人がいたらぜひ一度舞台で見てもらいたい。 これも結構楽しいよ。 本当にずっこるけどね。
なんかおもっきり笑って癒された一日だった。

花城 康貴

この記事の書いた人

花城 康貴

(FLOW代表)

CONTACT

まずはお気軽に、
LINEでお問い合わせください。

LINEお問い合わせはこちら

このページのトップへ戻る