未来に向かって自信と力を身につけ チャレンジできる子どもへ

HOME
TOP 代表あいさつ
FLOWについて キャンペーン
事業内容
運動教室 忍者ナイン 英語教室 レプトン
ネクストリーダー
アカデミー
オンライン
運動レッスン
お客様の声
お知らせ
マガジン 代表ブログ
法人概要
スタッフ紹介 法人概要
LINEお問い合わせ プライバシーポリシー
サイトマップ

BLOGBLOG代表ブログ

未分類

シェイバー買い替え

花城 康貴花城 康貴

金曜にTESCOに買い物に行った時、シェイバーの刃を買った。 しかし、あまりモノを見ずにメーカー名で買ってしまったので、自分が持っているシェーバーには合わない刃を買ってしまった。  最初返品かと思ったけど、すでに今つかっているWILKINSONのシェイバーがかなり古くなっているので、ここは思い切って間違って買ってしまった4枚刃対応の本体も買ってしまうことに。
剃り心地とかはこれかすぐ分かるとして面白いと思ったのが、シェイバーの本体の値段と替え刃の値段差。 前から少し気になってたけど、この値段の関係ってプリンターの関係とよく似ていると思う。(本体6.5ポンド 替え刃6.7ポンド)

プリンターの場合、本体を売ることで利益を出さずその他のサプライ(インク)で利益を出すのは有名な話。 
ようするに商品がプリンターやシェイバーといった『一度ユーザーが買った後 次の再購入までの時間的スパンがある性質を持っている商品』の場合、それ以外のサプライで利益を出さないといけないってこと。 まぁこれは周知の事なんだけどシェイバーの替え刃の値段が本体より若干高かったのには少し驚いた。
しかし、これも逆に考えるとメーカーがどれほどサプライ商品に対して研究をしてるかの証明で 実際今回のWILKINSONだと初めて4枚刃になったわけだし (だからと言って4枚刃がすごい技術かどうかは不明) EPSONの場合だとインクカードリッジに特別なチップを埋め込むことによって他の廉価版のインクカードリッジを使わせないようにしたりもしている。 後者の方はあまりユーザーには受けがいいとは思えないが。
シェイバーに話を戻して イチユーザーから言わせてもらうとシェイバーの替え刃は間違いなくインクより購入頻度が高く、意外と高くつきそうだ。 ちなみに本体には替え刃は1つ付属で、本体なんてそれほど変わり映えしないんだから もう少し替え刃をオマケしてくれと小市民的に思ってしまったりもする。 また、ただの替え刃なのに1つ1つがプラスチック製の容器に入れられて陳列されていたのも印象に残った。 万引き対策だろうか。
とりあえず自分は電気よりT字派なので、これからも高いと思いつつも替え刃を買い続けると思う。 なぜ電気じゃないかは後日ってことで。 

PS:

昔どこかでシェイバーはかなりの寡占市場って読んだことがあるんだけど 舞台裏とはどうなってるんやろう 花王とかが新製品で出したりできないのかな 後、例のフットボールの試合は結局Kentと見ませんでした。 

花城 康貴

この記事の書いた人

花城 康貴

(FLOW代表)

CONTACT

まずはお気軽に、
LINEでお問い合わせください。

LINEお問い合わせはこちら

このページのトップへ戻る