未来に向かって自信と力を身につけ チャレンジできる子どもへ

HOME
TOP 代表あいさつ
FLOWについて キャンペーン
事業内容
運動教室 忍者ナイン 英語教室 レプトン
ネクストリーダー
アカデミー
オンライン
運動レッスン
お客様の声
お知らせ
マガジン 代表ブログ
法人概要
スタッフ紹介 法人概要
LINEお問い合わせ プライバシーポリシー
サイトマップ

MAGAZINEMAGAZINEマガジン

2月9日開催のNLA第2講トライアル

花城 康貴花城 康貴

2/9開催したネクストリーダーアカデミー
略してNLAトライアル、第2講の様子をお届けします。
今回もSDGsとTOCfEの2本柱だったのですが、
前回告知したキャノワーム。
ミミズのコンポストの設置イベントも行いました。
コンポストとは、微生物の力でゴミを堆肥にする
処理方法です。FLOWでは電気の力を使ったゴミ処理ではなく、
自然の力で、ミミズですね、ミミズ力でゴミを処理をする
装置の設置を子ども達と一緒に行いました。
冒頭はオーストラリアの火災の話しからです。
火災について知っている子が半分ぐらい。
その規模について知っている人はさらに半分以下といった
感じです。

世界の動向について知ることは、とても大切です。
そして、LUSHさんで発売されたコアラ型のチャリティーソープの
紹介を行いました。みんな可愛い~と評判でした。
実はこの時まで買って実物をみんなに見せたかったのですが、
発売日の翌日行きましたが、もう売り切れでした。
https://jn.lush.com/products/soaps/all-wild-things-soap

でも、ここで伝えたかったのは、子どもでもやり方を工夫すれば
困った人を援助可能であるということです。
世界の裏側で困っている人・動物植物に思いを馳せました。
でも、自分事、何でもいいので実践してみることが大切ですね。
NLAでは可能な限り話す機会を多くしています。
自己紹介、そのチームでの話合った内容をまとめて発表します。

正直、学年が下がるほど苦手かな?と思ったりしますが、
実はそうではなく、本人の性格や経験で反応が変わってきます。
仮に苦手でも、人前で話す機会を増やすことで、成功体験を
積み重ねることで、少しずつ自信がついていきます。

議長さんはランダムに決まります。
前回議長を2回連続あたった彼は、今回当たらなかったことで、
ガッツポーズをしていたそうで、次は当ててあげようと心に誓いました。
場数が大切ですね。でも、失敗しても許される場の準備も大切です。
中盤からはTOCfE

今回はブランチをテーマに行いました。
TOCfEは本当に人を選ばない学びです。
2回目の子ども達はすいすい付箋に自分の考えを書いていきます。
興味深いのが、さっきのチャリティーソープのブランチです。

もし~~ならば、結果として~~である
という言葉をつなげていって、思考を拡げていきます。
今回、コアラのチャリティーソープを買うと?という問いに対して
出た結果がこれでした。

大人が見ると、「普通」と思っちゃうし、
大人ならつい「結論」を言ってしまいそうです。
その途中には彼らが考えたプロセスが残されており、
彼らにフィットがある所がとても大切です。
思考力って答え合わせのように○、×で決めるのではなく、
どういう道筋でその結論にたどり着いたかが
とても興味深いですし、そこに子ども達の思考性や個性が出てきます
そして、最後がミミズのコンポスト設置

予想どおり、大盛り上がりでした。
殆どの子ども達がミミズを触ったことがなかったので、
興味津々。
千匹のミミズさんがこれからどれだけ増えるか
興味深いですね。
FLOWとして、教室から出るゴミをこのコンポストを通して
ゼロにしていこうと思いますし、それがFLOW的SDGsの活動の1つかなと
考えています。
最後に
第3講トライアルについてのご案内です。
これまでSDGsxTOCfEの2本柱でしたが、
次回からはSTEM教育に移行していこうと思います。
イギリスのSTEM教育で使われているマイクロビットを
つかったプログラミングの体験を行います。

また、4月からできたら毎週のアフタースクールとして
スタートしていきたと思っておりますので、
その説明も行っていきます。
既に半分ほどご予約をいただておりますので、
ご興味ある方はお早めにエントリーをお願い致します。
エントリーはこちら

花城 康貴

この記事の書いた人

花城 康貴

(FLOW代表)

CONTACT

まずはお気軽に、
LINEでお問い合わせください。

LINEお問い合わせはこちら

このページのトップへ戻る