未来に向かって自信と力を身につけ チャレンジできる子どもへ

MAGAZINEMAGAZINEマガジン

ファミリーフィッシング|尼崎市立魚釣り公園の楽しい過ごし方

花城 康貴

この記事の目的

はじめて家族を釣りに行かれる方を想定しています。

家族キャンプの経験はあるんだけど、
釣りはしたことないなぁ~

釣りは今まで興味あったけれど、
どんな準備が必要か分からない…
そんな方々向けの記事です。

私がコロナ中にはじめて
ファミリーフィッシングに行ったのも
尼崎市立魚釣り公園でした。

最初は何も分からず、
施設で借りたレンタルロッドで
はじめてみたものの…全く釣れず、

しかもその理由も分からず…
という散々なデビューでしたが!

今では船舶免許も取得し、
大物を狙い日本中で釣りをするようになりました。

6月度のNLAの川田講師もそのご縁で開催にいたりました。

釣りは知っているか or 知らないかだけで、
楽しさが大幅に変わってきます。
準備に不安がある方はぜひチェックをお願いします。

NLA7月度として行う意図と価値

釣りについて説明する前に少しだけ
本企画について説明させてください。

2022年7月のNLAはファミリーフィッシングです。

もちろん家族で楽しんでいただき、
素敵な思い出を作っていただきたいと思っています。
でも、実はこれだけがテーマではありません。

もう1つのテーマは…

「釣れすぎる魚を子ども達がどうするか考えてもらう」
です。

釣りなので、絶対とは言えませんが7月中旬の
魚釣り公園は、イワシ・サバなどが大量に釣れます。

それこそ、朝から晩まで釣り続けます。
これは子ども達にとっては、とても楽しいのですが、
正直、食べきれない量の魚が釣れます。

摂れすぎると…

事実、私が家族でいった時には早朝から閉園時間まで
釣りをして300匹以上魚が釣れました。

実際、
連れ出すと子ども達のテンションがあがり
とても楽しい…

大人の我々でもテンションがあがるので
要注意です。
写真

簡単な話、食べきれないほどの
魚が釣れます。

もちろん毎日頑張って食べますし、
お料理もアレンジをするのですが、
さすがに何百匹のイワシやサバは
厳しいです…

上手く貰ってくれる方は
冷凍保存できれば良いのですが、
最悪捨ててしまうことになります。

6月度のNLA で川田さん(かわちゃん)から
同様の話をしてもらうので、
ぜひ、子ども達に今
「食べられる範囲で魚釣りを楽しんでいるのか?」
問いかけてください。

私も現場でそれを問いかけます。
無数に見えるお魚も、実際は限りがあるし
全体としてみれば減少傾向です。

尼崎市立魚釣り公園の施設紹介

アクセス

尼崎市立魚釣り公園へは名神高速を使うと
便利です。早朝であれば空いているので、
あっという間に到着します。

〒660-0087 兵庫県尼崎市平左衛門町66
Tel.06-6417-3000

駐車場

公園前に駐車場が完備されています。
シーズン中でも満車になることはないので、
安心して停められます。
※駐車場代は現金支払いなので、小銭があると便利です。

券売機

公園2F入り口入ってすぐ、右手に券売機があります。
こちらでチケットを購入してください。

釣りをする人、見学する人で金額が違いますので、
事前に決めておいてください。

釣り大人:830円  子ども:410円
見学大人:200円  子ども:100円
※6歳以上16歳未満が子ども料金
※6歳未満は無料

チケットと交換で、入場者と分かるワッペンを
渡されるので、見える位置に取り付けてください。

トイレ

釣りで心配なのがトイレ
公園ではちゃんと整備されたトイレがあるので
安心してください。

ただ、釣りをする桟橋ではトイレがないので
釣りに行く時にはこちらで済ませておくことがオススメ

売店

釣具道具、レンタル釣り具、餌、
持ち帰り用発泡スチロール、氷等
釣りで必要なのは一通り揃っています。

また、種類は少ないですが、
ジュース、スナック菓子やアイスも販売しています。

個人的にオススメなのが、
カップヌードルの自販機。
やはり外で食べるカップ麺の味は格別です。
※休憩スペースでカップ麺は食べられます

手洗い場

魚や餌を触ると気になるのが手についた匂いや汚れ
カップヌードル自販機の前に手洗い場があるので、
そこで手や道具を洗うことが出来ます。

共有の石けんなので、気になるかたは
ご自身のソープを持っていかれてもOKです。

釣り堀

公園1Fの横には、武庫川渡船さんという
堤防に釣り人を渡してくれる渡船さんがあります。

沖堤防で釣るとより大物が狙えるので、
釣りがさらに楽しくなります。

そして、武庫川渡船さんでは
釣り堀も営業されています。

1回500円ですが、見えるアジやサバを
ハリに引っかける釣り堀です。

ファミリーフィッシングで万が一
釣れなかった場合は、ここで
お土産をゲットすることも出来ます。

準備物

必須

あるとオススメ

もしも道具を揃えるなら

釣り方

魚の捌き方

この記事の書いた人

花城 康貴

(FLOW代表)

CONTACT

まずはお気軽に、
LINEでお問い合わせください。

LINEお問い合わせはこちら

このページのトップへ戻る