未来に向かって自信と力を身につけ チャレンジできる子どもへ

HOME
TOP 代表あいさつ
FLOWについて キャンペーン
事業内容
運動教室 忍者ナイン 英語教室 レプトン
ネクストリーダー
アカデミー
オンライン
運動レッスン
お客様の声
お知らせ
マガジン 代表ブログ
法人概要
スタッフ紹介 法人概要
LINEお問い合わせ プライバシーポリシー
サイトマップ

BLOGBLOG代表ブログ

未分類

CCCD付きは勘弁

花城 康貴花城 康貴

著作権法の見直しによる「CDの還流防止措置」 一言で言うと安い輸入CDが日本で変えなくなるという話だが、残念ながら今のところ大きなNews siteではあまりふれられていない模様。 
自分の場合 好きなアーティストが数年に1枚出すか出さないかのCDだ 正直な話 仮に改正法案が通ったとして、値段が1800円から3000円になったとしても買うだろう。 しかし、問題はあのCCCD付きを日本語のライナーノーツが付くるのを差し引いたとしても(第一あの紙切れはいらない)買わされるのが納得がいかない。 

リーテイルの方もこれからは日本でプレスされた販売価格が高い商品を売り込むことになるので、今まで以上に商売が難しくなるのかもしれない。 実際は自分がAmazonに移行するまでよく利用させてもらったHMVでは断固として闘う姿勢を表明していた。確かにhidkが言うように法案が改正されてしまうと今よりレンタルCD屋が儲かるのかもしれない。ただ洋楽の新譜の場合1年以上経たないとレンタル屋には並ばないので結局CCCD付きの購入か、違法のP2Pを利用してしまったりするんだろうか。 どこをどう考えても消費者に利がある改正法案とは思えない。 
とりあえず年末にOasisの新譜がでる予定なので頼むからCCCDは入れないでほしい! 日本のベンダーさん。 それよかHeathen Chemistry以前にはあった日本版のみのシングルカットとかしてくれないかなぁ~ 「Some Might Say」みたいに。 結局のところ日本語版を売るためにはそれ以外の不可価値が必要だと思う。 やはり自分が聴きたいのはライブ音源かな。

花城 康貴

この記事の書いた人

花城 康貴

(FLOW代表)

CONTACT

まずはお気軽に、
LINEでお問い合わせください。

LINEお問い合わせはこちら

このページのトップへ戻る