未来に向かって自信と力を身につけ チャレンジできる子どもへ

HOME
TOP 代表あいさつ
FLOWについて キャンペーン
事業内容
運動教室 忍者ナイン 英語教室 レプトン
ネクストリーダー
アカデミー
オンライン
運動レッスン
お客様の声
お知らせ
マガジン 代表ブログ
法人概要
スタッフ紹介 法人概要
LINEお問い合わせ プライバシーポリシー
サイトマップ

BLOGBLOG代表ブログ

未分類

経営者の仕事

花城 康貴花城 康貴

20110526

最近、ビジネスについて考えるとテンションが上がるYasです。
結構、ワクワクしてくるんですよ。課題が多くて(汗

1人部屋の中でニヤニヤしたり、ジョギングしながらニヤニヤしたり
はたらからみるとかなり怪しい人間ですね。


経営者の仕事は文字どおり、「経営」をすること。
システムを作って、それを組織化していくこと と個人的に感じています。

その中でも今自分が集中しているのは、「システムを作る」こと。
会社機能としてまず必要な経理・人事に注力しています。

システムが無くても会社は回ります。
ただ、システムがないと非常に経営者の負担が大きかったり、
常にリスクを抱えた状態で事業を続けないといけなかったりします。

例えば、
人事というシステムが構築されていない企業だと
1週間で実働が40時間を超えた際、残業代を支払う必要があるけれど、
「残業代も見込んで給料払ってるからOKでしょ?」と勝手な思い込みで
給与明細に「残業代」と記載しないママ、給与を支払っている場合があります。

これ結構あると思います。
未払いの残業代で訴訟起こされたらエライことです。

そんな面倒な事、中小企業でやる必要あるの?やりすぎちゃうん?と実際言われますが、
昔と違って従業員が訴訟するケースは確実に増えていると思います。

従業員が思いつかなくても、今の過払い請求の様に
弁護士・行政書士の人々が動き出したらアウトです。

システムは売上をあげるためにも必要ですが、
会社を守るためにも構築する価値があると強く思います。

花城 康貴

この記事の書いた人

花城 康貴

(FLOW代表)

CONTACT

まずはお気軽に、
LINEでお問い合わせください。

LINEお問い合わせはこちら

このページのトップへ戻る