未来に向かって自信と力を身につけ チャレンジできる子どもへ

HOME
TOP 代表あいさつ
FLOWについて キャンペーン
事業内容
運動教室 忍者ナイン 英語教室 レプトン
ネクストリーダー
アカデミー
オンライン
運動レッスン
お客様の声
お知らせ
マガジン 代表ブログ
法人概要
スタッフ紹介 法人概要
LINEお問い合わせ プライバシーポリシー
サイトマップ

BLOGBLOG代表ブログ

未分類

中小飲食業の海外ビジネス

花城 康貴花城 康貴

asahi.comの国際記事のところに面白い記事があった。

日本にあるらーめん横丁が、なんと香港にも出店を開始したらしい、、、
記事によると、香港に開店したラーメン店は計6店らしく、

コストを抑えるために、現地で専用の麺工場を建設し、

それらを各店舗に供給するシステムらしい。

けど結果的には日本より高めに設定しているらしい。
そこのオーナーは現地で、すでにビジネスをしていた邦人で、

日本でらーめんビジネスをやってる人の協力を得て

実現した模様。
興味深いのが、出店の仕方で方法で基本はPolycentric

(i.e. host countryを尊重)なのに対してManagement levelでは

比較的Ethnocentric(home country base)ぽいところ。
確かに、邦人だからethnoってのもあって、実際中身は

host countryを中心に動いてるかもしれない。しかし、

らーめんといったすごく元の国の文化に影響されやすい

��この場合、らーめんは中国からじゃなくて日本の文化って

考える) 商品の場合、Management levelは

ethocentricの方がいいのかもしれない。
記事の最後で、
”「中小飲食業の海外ビジネスのモデルにしたい」と高城さん。「日本と同じ味」にこだわる店もあれば、「香港人の好みを研究し、改良を重ねた」という店も。成功すれば個別に香港で2号店、3号店を出してもらうこともあるという。”
と あったがとても興味深い

ぜひ頑張ってほしいところだ。
asahi.com

花城 康貴

この記事の書いた人

花城 康貴

(FLOW代表)

CONTACT

まずはお気軽に、
LINEでお問い合わせください。

LINEお問い合わせはこちら

このページのトップへ戻る