未来に向かって自信と力を身につけ チャレンジできる子どもへ

HOME
TOP 代表あいさつ
FLOWについて キャンペーン
事業内容
運動教室 忍者ナイン 英語教室 レプトン
ネクストリーダー
アカデミー
オンライン
運動レッスン
お客様の声
お知らせ
マガジン 代表ブログ
法人概要
スタッフ紹介 法人概要
LINEお問い合わせ プライバシーポリシー
サイトマップ

BLOGBLOG代表ブログ

未分類

ポテトチップスとイギリス

花城 康貴花城 康貴

先のSaihoさんのコメントでポテトチップスの指摘があったので、今回はイギリスのポテトチップスについて書いてみたいと思う (あと、イギリスの芋文化もね)。 あくまでも個人的な意見だが、イギリスは芋文化だと思う。有名なフィシュ&チップスからはじまり、マッシュポテト、ジャケットとイギリスの料理にはかかせないものじゃないかと思う。
学校の売店にて
hidkに「ソースをだせ!」と言いつつ自分は覚えてないので、彼には申し訳ないが確か2年前(古っ!)BBCでイギリスのじゃがいもの消費パターンに変化が出たってNEWSを見たことがある。
内容としては、上記のとおりイギリスの一般家庭では少なくとも日本よりかは沢山じゃがいもが消費されてるわけだけど(想像)、今では加工された後のじゃがいもの方が(例えばポテトチップス、クリスプスin英)加工されず出荷されたじゃがいもより多いらしい。要するに冷凍食品としてよく売れれてるフライドポテトやポテトチップスの消費が増えたってことらしい。
とまぁ、イギリスのじゃがいものうんちくはこれくらいにして、こっちのポテチは美味しいんですよ! Walkersってブランドがこっちはメジャーで大抵の売店、PUBにいくと置いてあります。ひょっとしたら日本のSONY プラザとかで売ってるんじゃないかな?

日本のより美味しい理由としては2つ。
1)意外と脂っこくない

今はどうか分からないけど、自分が小さかった時「ポテトチップス」を食べた時ってすごい手がベトベトした記憶があるんだけど、こっちのでは基本的にないです。その代わり粉が手に付きますが・・・
2)味付けが上手い

変な説明ですが、個人的に日本の和風味とかの味のバリエーションがあんまり好きじゃないので美味しく感じるのかも。最近ハマってるのは「Thai Sweet Chilli」 これはかなり美味しいんじゃないかなぁ タイ人のChatも美味しい美味しい言って食べてるし・・・
Walkersサイトを見てもらうと分かるとおり、かなりの味のバリエーションがあります。まぁそれも消費者の選択肢を増やすってことで成功してると思うんですが、自分としてはメインに売ってるパッケージがミニサイズ(日本のコンビニでも売ってる通常より半分以下のサイズのパッケージ)って所です。
だから、実際よく見かけるのが売店でランチを買いに来た人が、サンドイッチ、飲み物、そしてポテチといった組み合わせで買っていくところです。サンドイッチじゃちょっと物足りない人がチョコじゃ合わないけど、ちょっとピリ辛の小さいサイズのポテチなら買おうか? といった感じでしょうか。日本でいう標準サイズはスーパーとかに行かないと無いです。
また、根本的に日本と違うのはイギリスでは老若男女問わず、ポテトチップスを食べてるところです。この点から言ってもWalkersがあれだけ味のバリエーションに力を入れてのも頷けると思います。

結論:

今度日本に帰る時に、おみやげとして買っていこう〜♪ 

花城 康貴

この記事の書いた人

花城 康貴

(FLOW代表)

CONTACT

まずはお気軽に、
LINEでお問い合わせください。

LINEお問い合わせはこちら

このページのトップへ戻る