未来に向かって自信と力を身につけ チャレンジできる子どもへ

HOME
TOP 代表あいさつ
FLOWについて キャンペーン
事業内容
運動教室 忍者ナイン 英語教室 レプトン
ネクストリーダー
アカデミー
オンライン
運動レッスン
お客様の声
お知らせ
マガジン 代表ブログ
法人概要
スタッフ紹介 法人概要
LINEお問い合わせ プライバシーポリシー
サイトマップ

BLOGBLOG代表ブログ

未分類

ついつい他責にしがち

花城 康貴花城 康貴

後輩に相談された。
「明らかに相手が間違っているのに、相手がそれを受け入れないので、  
 上手くコミュニケーションできません、どうすれば良いですか?」と。

後輩が言った言葉を一語一句覚えているわけではないだけど、 内容はこんな感じ。
確かに、内容を聞くと、相手方は後輩が伝えんとすることを
正しく理解はしていない模様。

でも、肝心なのは間違った解釈をしている相手方(というかお客様)ではなく、
上手く伝えられない自分たち側であり、
それを「理解しない相手が悪いのだ」と自分本位になってしまう自分たち。

よく周りで話されている会話を聞いていると、
この様な他責の発言を耳にしてしまう。

理屈で分かってても相手に伝わっていない以上、
まだコミュニケーションは成立していないわけで、
それを棚にあげて相手を非難するのはお門違いである。

ってえらそう書いたけど、数年前は自分もそうだったんだけどねw
後輩に良い気づきの機会をもらいました。

とりあえず相手を理解する姿勢がなければ何も始まらないよね。

花城 康貴

この記事の書いた人

花城 康貴

(FLOW代表)

CONTACT

まずはお気軽に、
LINEでお問い合わせください。

LINEお問い合わせはこちら

このページのトップへ戻る