未来に向かって自信と力を身につけ チャレンジできる子どもへ

MAGAZINEMAGAZINEマガジン

子どもの頭の良さはいつ決まるの?

杉本 佳江

「頭のよさにつながる幼児期の遊び」

こんにちは!チャイルド・アイズの杉本です。

今日はお教室でいちばん年齢の低いPDコースのレッスンのようすをチラリ★
PDコースは1~2歳さんのコースです。

お父さまやお母さまと一緒にレッスンを行い、お子さまへのお声掛けやご家庭での過ごし方などを、一緒に学んでもらえます!

PDコースでは、
考えることが好きになる「思考できる脳」の土台作りとなる取組みを行っています。

今回はその中から、手指をしっかりと動かすカリキュラムのようすをご紹介!

★1歳さん・2歳さん(PDコース)のレッスン★

『指は第二の脳である!』
PDコースのレッスンでは、手指を楽しく動かして、脳にたくさんの刺激を与えていきます。

脳に刺激を与えると、思考力や言語力、運動能力を育ててくれます。
この時期からしっかり「道具」を使っていきます。

●2歳3か月のお友達は、はさみとのりを使い『おさかなづくり』です。
はさみで切って
→のりをつけて
→紙に貼る。

●1歳5か月のお友達(0歳の頃から通ってくれています)は、手先をしっかり動かす工夫が散りばめられた『シール貼り』です。
ケースを開けて
→シールを出して
→はがして貼って
→ごみを捨てる。

たくさんの工程を踏むことこそが、この時期は大切なのです!
完成したら達成感で溢れていましたよ★

頭のよさにつながる遊びを
ぜひ体験しに来てくださいね。

お待ちしております★

この内容は、過去に「FLOWメールマガジン」にて公開されたものです。
FLOWメルマガでは毎日子育てに役立つ情報を配信中!
登録は“こちら”から。
https://flow-torus.typeform.com/to/IZjnVQ8R

  • チャイルド・アイズ
  • 小学校受験
  • 幼稚園
  • 思考力
  • 知育

この記事の書いた人

杉本 佳江

CONTACT

まずはお気軽に、
LINEでお問い合わせください。

LINEお問い合わせはこちら

このページのトップへ戻る