未来に向かって自信と力を身につけ チャレンジできる子どもへ

HOME
TOP 代表あいさつ
FLOWについて キャンペーン
事業内容
運動教室 忍者ナイン 英語教室 レプトン
ネクストリーダー
アカデミー
オンライン
運動レッスン
お客様の声
お知らせ
マガジン 代表ブログ
法人概要
スタッフ紹介 法人概要
LINEお問い合わせ プライバシーポリシー
サイトマップ

BLOGBLOG代表ブログ

学び

お願いや任せることが大事なのは分かってるんだけど、難しいその背景とは

花城 康貴花城 康貴

最近ツィッターで色々つぶやいている花城(@16hilltop)です。
毎日つぶやくことで、フォロワーさんも増え少しずつですが、SNSが楽しくなってきました。

正直、周りがFacebookを使い出してから、一気にTwitterを開く機会が減り、
「Twitterはもう終わった」と勝手に思っていました(苦笑)。

Facebookと特徴もまったく違うので、緩い関係性を創るには
Twitterは最適ですね。無理せず、楽しんでいこうと思います

さて、
先日飲食のほうでピーマンが足りなくなり、スーパーに買いに行った時にふと思ったことです。

今年で大阪に帰ってきて四年になり、経営者としてのキャリアも同じ期間になります。
つくづく、人にお願いや任せるのが苦手だなぁという話です。経験がある方いませんか?


人に任せられない、
任せるぐらいなら、自分でやっちゃう、
だってそっちの方が早いし…

僕の両親は周りの倍は働け!というマインドなので、それが普通だと思っていました。

自分でやらないと、
自分がやらないと、

そんな固定観念が学生時代から今も続いています。
それで迷惑を掛けたいことは何度あるか…。

最近は、ようやく自分が成すべき見えてきて、
ほんの少しずつではありますが、お願いできるようになりました。

結局のところ、
相手を信用していなかったり、
自分の能力を過信したり、
コミュニケーションから逃げていたり、

理由は様々です。

今はこれまでの自分から逸脱しようと心がけています。
逸脱なんで、多少の後ろめたさなんて、気にしない。
というか、周りはおそらくまったく気にしない。

もっと楽していいんだよぉ
もっと人に頼ってもいいだよぉ
って

相手には「大変な時はいつでも言って!」と言ってるのに
自分はまったく言わないこの矛盾(笑)

今回、社員さんが僕に「ピーマンを買ってきてほしいです!」とお願いしてくれたように、
僕も周りに、ピーマン欲しい(お願いだったり、Helpだったり)と言おうと思います。

花城 康貴

この記事の書いた人

花城 康貴

(FLOW代表)

CONTACT

まずはお気軽に、
LINEでお問い合わせください。

LINEお問い合わせはこちら

このページのトップへ戻る