未来に向かって自信と力を身につけ チャレンジできる子どもへ

HOME
TOP 代表あいさつ
FLOWについて キャンペーン
事業内容
運動教室 忍者ナイン 英語教室 レプトン
ネクストリーダー
アカデミー
オンライン
運動レッスン
お客様の声
お知らせ
マガジン 代表ブログ
法人概要
スタッフ紹介 法人概要
LINEお問い合わせ プライバシーポリシー
サイトマップ

BLOGBLOG代表ブログ

心理学

ノイズに惑わされないように

花城 康貴花城 康貴

こんばんは、花城(@16hilltop)です。
今朝から大阪から徳島のピストン移動です。
車の移動は慣れているつもりでしたが、かなり睡魔との戦いでした。

何気に今月の活動の中で、一番ヘヴィだったかもしれません(汗)
自分へのご褒美ではないですが、ワインを少し呑んでいます。

さて、昨日の湯ノ口講師のお話で「ノイズ」というお話がありました。
ノイズってなんでしょうね?

音楽で耳に入るノイズって深いで、分かりやすいですが、
自分におけるノイズって結構気づきずらいんですよね。
そんなお話です。

ノイズとは、自分が幼少のころから、大人に掛けて自然に身につけてしまう、
思い込みというのが、個人的な解釈です。

ビリーフという言い方もあるかと思います。

~べきである、など「べき論」もひょっとしたら、ここと同じかもしれません。

ほとんどの人は、ノイズやビリーフをまとった状態が、自然の自分と思い、
例えばネガティブな発想、発言、行動などはそこが起因しているのを
意外と分からなかったりします。

人間って不思議なもので、今の自分が、正しいと思ってしまいます。

もちろん僕も、そうでした。

特に中高の時は、恥ずかしながら、未熟で不安定な時も多く、

周りを攻撃しまくっていました。

思春期とまとめてしまえば、そうかもしれませんが、

何故自分がイライラしているのかが分からないので、

周りの友達に攻撃的になったり、自分の殻に閉じこもっていたりました。

といっても、当時の自分はそれ自体にまったく気がつかないんですけどね…。

中高のことを冷静に受け入れられたのは、大人になってからであり、
あの時のイライラが分かったのは、色々学んだ後です。

簡単ではないですが、自分を知るというのは、とても大切ですね。

「汝自身を知れ」とソクラテスも言っていますが、
自分を知ることで、より生きるのが楽になってくると思います。

そう思うと、これから子育てをしようとするお母さん・お父さん、
今子育てに悩んでいるご両親も、子ども達に向き合うのはもちろん大事なのですが、
どこかで自分を冷静に見つめる&受け入れる機会があっても良いかなと思います。

親は子どもに良いも悪いも大きな影響を自然に与えています。

その要因が実は両親の幼児体験であったり、ノイズ・ビリーフから来ているものだったり
すると思います。

自分を知ることは楽しいことばかりではなく、見たくない自分を見ることもあり、
正直辛い場合の方が多いんですが、自分の人生をより良く生きるためには、
長い人生において、とても良い機会だと思います。

花城 康貴

この記事の書いた人

花城 康貴

(FLOW代表)

CONTACT

まずはお気軽に、
LINEでお問い合わせください。

LINEお問い合わせはこちら

このページのトップへ戻る