未来に向かって自信と力を身につけ チャレンジできる子どもへ

HOME
TOP 代表あいさつ
FLOWについて キャンペーン
事業内容
運動教室 忍者ナイン 英語教室 レプトン
ネクストリーダー
アカデミー
オンライン
運動レッスン
お客様の声
お知らせ
マガジン 代表ブログ
法人概要
スタッフ紹介 法人概要
LINEお問い合わせ プライバシーポリシー
サイトマップ

BLOGBLOG代表ブログ

コミュニティ

地元の夏祭りから三人称の圧倒的ビジョンを考える

花城 康貴花城 康貴

こんばんは、花城です(@16hilltop)。
今日は朝から地元地域の夏祭りの主催者側で参加していました。

夏祭りと言えば、小学生の時はめちゃくちゃ楽しみでした。
皆さんはいかがでしょうか?

あの日だけ、夜遅くまで遊んでいてOKだったり、
いつも財布の紐が厳しい両親も、お祭りの時は色々おねだりできたりと
子どもにとっては、良い所だらけのパーフェトなイベントです。
(というイメージです)

年が経ち、まさか自分が主催する側になるとは思っていませんでしたが..

今回は自分が住んでいるマンションの、自治会としてダーツゲームを出店しました。

景品を買ったり、ルールを決めたり、自治会メンバーには大変お時間を取らせてしまいましたが、
実際、来てくれた子ども達に笑顔を見ていると、頑張れますね。

沢山お客さんが来てくれて、行列が出来て、どんどんゲームが進んでくると
メンバーの顔も(暑さでしんどいけど)、笑顔が出て、

地域の夏祭りって、遊びに来てくれたお客さんだけではなく、
主催側もハッピーにしてくれるんだなぁと感じました。

やって良かったなと思います。今住んでいる所にさらに愛着が持てますね。

この辺、「三人称のビジョン」を考えるヒントになるかなと思います。

高いビジョンもそうなんですが、結果それでどれだけの人がハッピーになったか?

笑顔になったのか?が大事ですね。

それを常に簡単にイメージできる状態で、ビジョンを形成することは、

8,848mのエベレストを登る上での1つのコツかなと思いました。

花城 康貴

この記事の書いた人

花城 康貴

(FLOW代表)

CONTACT

まずはお気軽に、
LINEでお問い合わせください。

LINEお問い合わせはこちら

このページのトップへ戻る