未来に向かって自信と力を身につけ チャレンジできる子どもへ

HOME
TOP 代表あいさつ
FLOWについて キャンペーン
事業内容
運動教室 忍者ナイン 英語教室 レプトン
ネクストリーダー
アカデミー
オンライン
運動レッスン
お客様の声
お知らせ
マガジン 代表ブログ
法人概要
スタッフ紹介 法人概要
LINEお問い合わせ プライバシーポリシー
サイトマップ

BLOGBLOG代表ブログ

未分類

退院直後

花城 康貴花城 康貴

 

自分の生活は誰かに監視されてるのかと今日思った。
帰宅後、何故かナッツが食べたくなってファミマに向う。 その直後イギリスの友達から電話が掛かってくる。(内容は後述) 少しさかのぼって昼間 主治医に退院と告げられた直後には3、4年前ぶりにハングの大先輩から電話をもらう。 昔ヨーロッパをハングで一緒に回った人で相変わらず飛びまくっているようだった。 おまけにその人との会話の直後には母が病室に現れた。 当然、お見舞いに来たつもりが荷物の撤収役になったのでビックリしてた。
で、問題はイギリスからの電話。 

例にもよって論文の合否の話が中心だったけど、学部の修士論文の不合格率は7~9割とかなんとか さすがに9割は落とさんやろうと反論はしたが、7割に関しては過去のアサイメントで7割の学生をサクっと落としたことはあるのであんまり否定もできなかった。 ただ仲間内で年間通して一番成績優秀だったChatも(すら)再提出をくらったら事が妙に説得力を持たせるので余計にイヤだ。
とまぁ 2人で自分のが落ちたか受かったか不毛な会話をしなくても、来月には書類で告知されるのでそれまで待てば済む話。けど再提出or即落ちの事を考えると書類が届くまでは落ち着いて寝れない。 
てことで、過去にもあったけどただ待ってるのもアレなので傷が癒えたら、直接 学部まで成績表を取りに行こうかと考えている。 もちろん書類と行き違いになる可能性は大だけど、受かったにせよ落ちたにせよ先生と会うことは有益なのでこの際卒業旅行がてら行ってこうようと思う(友達にも会えるしね)。 なんか、卒業旅行なのに学校に行くってのも変な話だけど・・・
とりあえず落ちてたらこのブログはこのままです(汗) 卒業できたら別のブログを立ち上げます(社会人編)

花城 康貴

この記事の書いた人

花城 康貴

(FLOW代表)

CONTACT

まずはお気軽に、
LINEでお問い合わせください。

LINEお問い合わせはこちら

このページのトップへ戻る