未来に向かって自信と力を身につけ チャレンジできる子どもへ

HOME
TOP 代表あいさつ
FLOWについて キャンペーン
事業内容
運動教室 忍者ナイン 英語教室 レプトン
ネクストリーダー
アカデミー
オンライン
運動レッスン
お客様の声
お知らせ
マガジン 代表ブログ
法人概要
スタッフ紹介 法人概要
LINEお問い合わせ プライバシーポリシー
サイトマップ

BLOGBLOG代表ブログ

未分類

国立庭園

花城 康貴花城 康貴


12時すぎ、Hidcote Manor Garden(ヒドコート・マナー・ガーデン)に向かう、地球の歩き方によると”20世紀を代表するイギリスの名園”らしい、
車で向かった分けだけど、途中道を探りながらとか

車が不調とかで行きは1時間以上掛かった
けどその変わりと言うか途中の”これぞイギリスの田園風景!”って感じの野原や石造りの家はとても綺麗だった。(こう考えるとOxfordも結構モダンだと思う、市内の建物はもちろんめちゃ古いけどね)
そして、この国立庭園はこれまた地球の歩き方からの

情報だけど、
・フランス生まれのアメリカ人が30年かけて築き上げた

・庭を野外の部屋に見立てて生垣で仕切るという”アウト・ドア・ルーム”というスタイルをイギリスで最初に確立した庭として後のガーデニングに大きな影響を与えた

・庭全体は25の部屋に分かれている

・1948年にNational trustに登録
っと、こんな感じで個人的にはその”アウト・ドア・ルーム”に感動した ただの門の形をしてる分けではなく、

例えばヒト1人がギリギリ取れるぐらいの小さい入り口だったり、門の形をしてると思ったら両サイドにリスとか鳥の形にカットされた植物があったり よくここまで細かい仕事ができるものだと関心 もちろん花も綺麗だった

��見たことない花が多数)
久しぶりに沢山日光を浴びた1日でした

花城 康貴

この記事の書いた人

花城 康貴

(FLOW代表)

CONTACT

まずはお気軽に、
LINEでお問い合わせください。

LINEお問い合わせはこちら

このページのトップへ戻る