未来に向かって自信と力を身につけ チャレンジできる子どもへ

HOME
TOP 代表あいさつ
FLOWについて キャンペーン
事業内容
運動教室 忍者ナイン 英語教室 レプトン
ネクストリーダー
アカデミー
オンライン
運動レッスン
お客様の声
お知らせ
マガジン 代表ブログ
法人概要
スタッフ紹介 法人概要
LINEお問い合わせ プライバシーポリシー
サイトマップ

BLOGBLOG代表ブログ

未分類

読書

花城 康貴花城 康貴

「本は沢山読みなさい」 小さい頃からよく両親に言われた。 小学生の頃は結構図書館に通っては伝記物、「ずっこけシリーズ」、漫画日本歴史シリーズ、はだしのゲン(これらは本じゃないが、一番繰り返し読んだ)とかかなり楽しんで読んでいた。 
しかし、それが中学、高校になると漫画に夢中。今でも実家に封印された漫画があるけど、ある日父親が自分の部屋の本棚を見た時 普通の本より漫画の数が圧倒的に多いのを見て呆れてたいたのをよく覚えている(1対9ぐらい)。
だが、今となってはむさぼるように本を読むようになった。一見はこれは良いように思うが読んでいる本が少し偏っているのがやっぱり自分らしい。

同じ事を友人のhidkに話をしたが、彼は自分とまったく逆の趣味だった。彼は専門書は読まないが(彼のblogを見るかぎり結構読んでると思うんだが)それ以外の本をよく読むという(フィクション)。 
一方自分は吉川 英治の歴史シリーズを最後に小説と呼ばれる本はまったく読んでいない。英語で半遊びでStarWarsのEpisode Iを読んだぐらいか? 先の一時帰国で最近読んだと言えば、カーネギーシリーズ、問題解決プロフェッショナルシリーズ、バウアーのマッキンゼーの本ぐらいだろうか。
自分が何故本を読むかは、(orどうやって本を選ぶか)そこに自分がほしい情報があるかないかである。 なぜなら、そういった専門書を読むことによって、知識、ノウハウ、そして洗練されたケーススタディなどが安価で手に入れることができると思うからである。 極端は話、フィクションの小説を読んでも得れるもは無いor少ないと決め付けていたのである。
だが、どこかの自分がそれじゃ駄目だと語りかけてきたのか、今回帰ってきたときはじめて図書じゃなくて村上春樹『海辺のカフカ』を購入した。 そして、実家に忘れてきた・・・(あかんやん)
まま、帰れば読めるので今回はよしとしよう。とりあえず何か読んでみようと行動できただけでも評価するか。 けどやっぱりノンフィクションが多くなるんだろうなぁ・・・
やっぱりお金出して本を読むなら”得した気分”になりたくないですか?

花城 康貴

この記事の書いた人

花城 康貴

(FLOW代表)

CONTACT

まずはお気軽に、
LINEでお問い合わせください。

LINEお問い合わせはこちら

このページのトップへ戻る