未来に向かって自信と力を身につけ チャレンジできる子どもへ

MAGAZINEMAGAZINEマガジン

一人ひとりの課題に向き合う!冬休み学習室

澤井佑介

2021年末の12/25(土)と12/28(火)の午前中に「冬休み学習室」として、FLOWの教室を開放しました!

入退室は自由で、それぞれが自分の課題や学習に取り組むという内容です。

学校の冬休みの宿題や、英検の過去問対策、自分で持ってきたテキスト等
参加した子どもたちは一人ひとり異なる課題に取り組んでいました。

自分で学習する習慣を身につけるのが大切ですね!


まずは今回取り組むべきことをホワイトボードに記入し、
目標を「見える化」してから取り組みました。

先生や他の子にも何をしているのかが共有されるので、自然と
「この時間にここまで取り組まないと!」
という意識をもつことができますね。

例えば、

Aさん 10時00分〜10時30分 英語の復習 
   10時30分〜11時00分 学校の冬休みの宿題(国語)
   11時30分〜12時30分 学校の冬休みの宿題(算数)

Bさん 11時30分〜12時00分 英検模擬試験(リーディング)
   12時00分〜12時30分 英検模擬試験(リスニング)

といった形で時間を区切って設定することで、集中を切らすことなく課題に向き合っていました。


そして疑問点があった場合は先生が一人ひとりサポート!

自分一人ではなぜ答えが間違ってしまったのかが分からなくても、サポートを受けることで
正しく理解して次に進むことができます。

気軽に質問できる環境というのが、単なる自習の場所ではなくて良いですね!

勉強だけでなくスポーツや音楽、その他趣味であっても
力を伸ばすためには、自分自身で学習や練習を行うことが必須です。

 

特に学習に関して、子どもたち自身取り組み方が分からないから自分で進めることができない・・・
という子もいます。

そこでこのような機会を活用して自分で取り組む方法をますは知ること、
そこから家庭でも自分で取り組む習慣が少しでも身についてくれればと思います。

自宅学習でのお悩み等がございましたらお気軽にご相談くださいね!

  • 子ども
  • 学習法
  • 小学生
  • 思考力

この記事の書いた人

澤井佑介

CONTACT

まずはお気軽に、
LINEでお問い合わせください。

LINEお問い合わせはこちら

このページのトップへ戻る