未来に向かって自信と力を身につけ チャレンジできる子どもへ

HOME
TOP 代表あいさつ
FLOWについて キャンペーン
事業内容
運動教室 忍者ナイン 英語教室 レプトン
ネクストリーダー
アカデミー
オンライン
運動レッスン
お客様の声
お知らせ
マガジン 代表ブログ
法人概要
スタッフ紹介 法人概要
LINEお問い合わせ プライバシーポリシー
サイトマップ

MAGAZINEMAGAZINEマガジン

ママから離れられなかったあの2歳11か月男の子がついに…

花城 律子花城 律子

箕面市にある、知育(1歳から)・小学校受験・小学生の思考力育成教室
『チャイルド・アイズ箕面校』マネージャーはなきです。
来春幼稚園入園の男の子女の子さんがたくさん通ってくれている当校ですが、
4月の入園=親子(母子)分離がスムーズにいくように、うちのレッスンにおいても
分離できていない生徒さんは徐々に分離の準備を始めています。
というのも、4月からは幼稚園さん。それまでにしっかり分離ができてないと、4月から毎朝号泣してしまうことになる。
それはお母さんも子どもも、お互い辛いこと。
毎朝笑顔で「行ってきまーす」って幼稚園に通ってもらうためにも、今分離しておくことが大事。
…というのが『チャイルド・アイズ箕面校』の方針なので、無理な分離ではなく、お互いの気持ちを
少しずつ準備しながらの分離なんです。
 
1年前から通ってくれている3歳4か月女の子さんは、2歳の後半から教室の玄関で
「お母さん行ってきますー♪」と頼もしいくらい分離できていたりと、子供により様子はさまざまです。
 
今日は、今月3歳になる男の子の分離を目指し、担当講師とも
「もし泣いてレッスンできないとしても、1か月(レッスン4回)を乗り越えたら
分離に慣れてくるから、お母さんにも○○君にも頑張ってもらおう♪」と打ち合わせしたうえで
お母様にも「もし泣いても扉は開けないでください。これを乗り越えたら自立心が育ちますから!」と話し、
レッスンに臨みました。
玄関で最初の挨拶をしてから「今日はお母さんは廊下で見てるから○○君は先生と教室入ろうね」と声をかけると
「お母さんお母さん(泣)(泣)(泣)」と脚にしがみつく○○君。
…それはそうだよね、今までお母さんと離れた経験なんてほとんどないもんね。
開始3分ほどは窓からも見えないお母さんを思って泣いていた○○君でしたが、少しして
担当講師が教材に気持ちを向かせる声掛けをしたところ、泣き止んで先生と話し始め、
驚くことにそのままお母さんのほうを一切振り向かず、時間いっぱいレッスンができたんです!!!!!
これには私もお母様も驚きで、お母様からは「もっと早めに(分離を)やっとけばよかったですね(苦笑)」との一言(笑)。
レッスン後には「○○君頑張ったねー、カッコよかったよー」と褒めてあげると、
今まで見せなかった自信たっぷりの表情を見せてくれました♪
 
こんなにスムーズに分離ができたのも、自ら言うのもおこがましいですが、
「レッスンが楽しい」というこれまでの経験と、子ども自身が先生に信頼を寄せていたであろうこと、
「お母さんにカッコいいところを見せたい」という自立心が少し芽生えていた結果ですね。
子どもってスゴイ力を持ってるんですね。
*****************************************
箕面市にある、知育(1歳から)・小学校受験・小学生の思考力育成教室
『チャイルド・アイズ箕面校』 072-734-7692
箕面市西小路3-1-15 2階(箕面市役所の東向かい。1階にパン屋『カラン』さんがあります)
火曜~土曜 10時~18時 (日月祝と年末年始・お盆休暇のぞく)

花城 律子

この記事の書いた人

花城 律子

(統括マネージャー)

CONTACT

まずはお気軽に、
LINEでお問い合わせください。

LINEお問い合わせはこちら

このページのトップへ戻る