未来に向かって自信と力を身につけ チャレンジできる子どもへ

HOME
TOP 代表あいさつ
FLOWについて キャンペーン
コース一覧
運動教室 忍者ナイン 英語教室 レプトン
ネクストリーダー
アカデミー
オンライン
運動レッスン
チャイルド・アイズ お客様の声
お知らせ
マガジン 代表ブログ
法人概要
スタッフ紹介 法人概要
LINEお問い合わせ プライバシーポリシー
サイトマップ

BLOGBLOG代表ブログ

学び 家族

一年の計は元旦にありの意味とは?

花城 康貴花城 康貴

正月ぽい遊びにチャレンジ

2021年がはじまりました。どんな年末年始を過ごされましたか?
Go toも無くなってしまったので、地元でのんびり過ごされた方も
いるかもしれませんね。

ベターではありますが、この時期は凧揚げが面白いです。
もし、お子さまが凧揚げの経験が無ければ、ぜひチャレンジしてみてください。

もし近場で凧揚げをする場所が見つからない!!という方は、
彩都西公園がオススメです。駐車場・トイレ完備ですので(近くにコンビニも有)

天気が良くて、風が少しある(風速3m以上)休日などはぜひトライしてみてください。
何事も経験・体験することが大切ですね。

 

1月はチャンスの月です

話は変わって・・・1月は意外と時間があります。
もし何かを始めたり検討するタイミングんはぴったりです。

逆にいうと、2月に入ると次の春休みまでイベント満載なので
一気に進んでいきます。子ども達も大忙しです。

今年4月から進学されるお子さま、幼稚園に入るお子さま、沢山おられますね。
1月中旬までに計画を立てて、後半から実際に動きだせるようになると
安心して春を迎えることができます。

”一年の計は元旦にあり”と言われますが、元旦当日だけではなく、
1月の一ヶ月を効果的に使うことで、2021年の動き出しは変わってきますね。

寒い日は続きますが、体調バッチリ、コロナ対策バッチリで、
1月を駆け抜けていきましょう。

花城 康貴

この記事の書いた人

花城 康貴

(FLOW代表)

CONTACT

まずはお気軽に、
LINEでお問い合わせください。

LINEお問い合わせはこちら

このページのトップへ戻る