未来に向かって自信と力を身につけ チャレンジできる子どもへ

HOME
TOP 代表あいさつ
FLOWについて キャンペーン
事業内容
運動教室 忍者ナイン 英語教室 レプトン
ネクストリーダー
アカデミー
オンライン
運動レッスン
お客様の声
お知らせ
マガジン 代表ブログ
法人概要
スタッフ紹介 法人概要
LINEお問い合わせ プライバシーポリシー
サイトマップ

BLOGBLOG代表ブログ

未分類

バスローブ

花城 康貴花城 康貴

バスローブと聞いてどれぐらいに人が、グラス片手にローブを着てソファに座ってくつろいでる人の事をイメージするだろうか? はっきり言うが自分はそのイメージする人の一人だった、実際着てみるまでは。 今ではかなり愛用してる。
とか何て書くと「この西洋かぶれめ!!」と突っ込まれそうだけど、本当にバスローブは便利な代物。 それも自分みたいに面倒くさがりやには特に。
小さな頃から、お風呂から出た時ちゃんと拭かなくて親に怒られ、そして濡れたまんま服を着るもんだからそれが原因で風邪をひいた経験がある。 だからお風呂から出たらちゃんと拭かないといけないってのはよくよく知ってる。
けどやっぱり面倒くさいんよね・・・ だから今でもよく拭かなかったりする・・・

で、バスローブの登場 

もうこれは自分のためにあるんじゃないのかと声を大にして言いたいぐらい
だって、シャワーなりお風呂なりから出てローブをはおったらもうそれでおしまい。ローブ自体水気を吸い取ってくれるから拭かなくていい(髪と足は別) それに生地が比較的厚いため、冬とかでも湯冷めもしないし、結構保温効果があってすぐに寝巻きに着替えれるよりよっぽど暖かい。 寝ようと思ったらそのまま寝てしまってもOK
どう?便利でしょ? ただ問題が1つだけある

とてもじゃないが、自分のローブ姿は他人には見せられない。似合ってないから・・・こればっかりはしょうがない! 機能重視やし!!
というわけで、今晩もお世話になるウチのバスローブの話でした。 日本でも使ってそう けどやっぱり人には見せれないが・・・

花城 康貴

この記事の書いた人

花城 康貴

(FLOW代表)

CONTACT

まずはお気軽に、
LINEでお問い合わせください。

LINEお問い合わせはこちら

このページのトップへ戻る