未来に向かって自信と力を身につけ チャレンジできる子どもへ

HOME
TOP 代表あいさつ
FLOWについて キャンペーン
事業内容
運動教室 忍者ナイン 英語教室 レプトン
ネクストリーダー
アカデミー
オンライン
運動レッスン
お客様の声
お知らせ
マガジン 代表ブログ
法人概要
スタッフ紹介 法人概要
LINEお問い合わせ プライバシーポリシー
サイトマップ

BLOGBLOG代表ブログ

未分類

信長の野望

花城 康貴花城 康貴

今日起きたらなぜかゲームがしたくてたまらなくなり、昔遊んだ信長の野望のCDをひっぱりだして遊んだ。 なぜ信長かは自分でも分からなかったが、とりあえずハードにいこうと思い。『浅井家』で『桶狭間の戦い』でプレー。

いきなりはじまった後から、朝倉家から従属なので速攻で破棄。 それでも1つしか城が無かったからそれなりに苦労したけどしばらくしたら近畿を統一でき、飽きてやめた。 ちなみに桶狭間で勝ったはずの織田家は2年後に今川家にやられていた。 さすがハードモード。
しかし、光栄のビデオゲームのシリーズ物でここまで続いているのは大したものだと思う。例えばスクェア・エニックスにある FF&DQはもちろんシリーズ物でキラーソフトではあるがそれ以外のシリーズ物と言えばトルネコとかサガシリーズとかだろうか。 
KOEIにいたってはほとんどのタイトルがタイトル化しており今なお新作をリリースしている。信長の野望・三国志が筆頭で後はWining Post・太閤立志伝・提督の決断 等々。 個人的には昔々リリースされた伊忍道のシリーズ化してほしいものだが・・・
ただ、今のゲームは開発期間、費用等 ファミコン時代と比べて莫大に掛かるのは簡単に予想できるのでマーケティングのリサーチ等でかなりの神経を使っていそうだ。 その上今のゲームは全般的に複雑化しすぎているので、昔格闘ゲームが複雑になりすぎてユーザーに見放されて衰退していったようにならないとも限らない。(ちなみに自分は波動拳もうまくだせません)
何にせよ ゼビウスが一番だ。

花城 康貴

この記事の書いた人

花城 康貴

(FLOW代表)

CONTACT

まずはお気軽に、
LINEでお問い合わせください。

LINEお問い合わせはこちら

このページのトップへ戻る