未来に向かって自信と力を身につけ チャレンジできる子どもへ

HOME
TOP 代表あいさつ
FLOWについて キャンペーン
事業内容
運動教室 忍者ナイン 英語教室 レプトン
ネクストリーダー
アカデミー
オンライン
運動レッスン
お客様の声
お知らせ
マガジン 代表ブログ
法人概要
スタッフ紹介 法人概要
LINEお問い合わせ プライバシーポリシー
サイトマップ

BLOGBLOG代表ブログ

未分類

“Don’t be desperate Yas”

花城 康貴花城 康貴

今日は2時から修論のスーパバイザーの決めるためのTurtorial、かなりDavid Bowie率が高いだろうと自分は想像してたんだけど、蓋を開けてみるとまた Mikeでした。 かなり安心!! けど その後にはえらいことが・・・

↑右にいるのがSven
その後、ちょっと久々のグループミーティングがあって”これをしよう、あれをしよう”といつもどおり話あって、いつもどおり”次までにこれをしてこうよう”といった具合に終わる予定だった、他のグループの作業状況を見るまでは
図書館に行って自分達が見つけたモノのコピーをとろうとした時、そこに自分達の会社の敵対会社のグループもいたので、作業がどんなもんか尋ねてみた。
そしたら、自分達は10ページにも満たないぐらいの作業量なのに、あっちは20ページ以上のページ数。 情報の量と質からいってもウチとはかなりレベルが違ってほんと一瞬 くらっっときた 
そして、自分達がやってこなかった事の後悔の念と一種の絶望感みたいで、一瞬ぼーっとしてしまったんだけど そしたらJesusに↑のタイトルどおり言われた。
確かに、相手は相手、ウチはウチ、 比較しても何もはじまらないので3人で作戦会議を開いて木曜日 3人一緒に作業をする事になった たぶん徹夜してもおいつかないぐらいの量だがこれを仕上げないと課題をはじめることはできないし、質の低いグループワークでは本番のアサイメントを落とすのも必須。 提出は月曜日の朝の9時だが、もうこうなったらやるしかない。

花城 康貴

この記事の書いた人

花城 康貴

(FLOW代表)

CONTACT

まずはお気軽に、
LINEでお問い合わせください。

LINEお問い合わせはこちら

このページのトップへ戻る