未来に向かって自信と力を身につけ チャレンジできる子どもへ

HOME
TOP 代表あいさつ
FLOWについて キャンペーン
事業内容
運動教室 忍者ナイン 英語教室 レプトン
ネクストリーダー
アカデミー
オンライン
運動レッスン
お客様の声
お知らせ
マガジン 代表ブログ
法人概要
スタッフ紹介 法人概要
LINEお問い合わせ プライバシーポリシー
サイトマップ

BLOGBLOG代表ブログ

教育 書籍

学習マンガはオススメ

花城 康貴花城 康貴

学習マンガでもぜんぜんアリいいのです

コロナでの影響で本を読む機会が増えた家庭も多いかと思います。

小学生で今流行っているのが、
「どっちが強い!?シーリズ」

角川まんが学習シリーズ

マンガです。
なんですが、学習マンガの部類に入ります。

昆虫、動物などがテーマになって、
どっちが強い?を戦って決めるお話です。

マンガとなると少し不安になってしまうのが、
親心ですが、実際手に取ってもらうと
マンガでも十分学べることが分かります。

ウチでは気がつくと、
図書館から借りてきた「どっちが強い!?シーリズ」に
埋め尽くされていました。

本人達も夢中で読んでいます。

この「とにかく読む」という習慣が大切だなと思います。

個人的な苦い思い出で、
夏休みの読書感想文というのがありました。

日頃読んでいない人間が、
夏休みになってから本を読んだり
学習塾で本を読まされたりするので、
かなりの苦痛が伴います。

でも、マンガでも良いから何かを読む習慣を
身につけておくと、だいぶ違うんじゃないかな?と
見ていて思います。

実際、マンガ以外にも興味がある文庫は
手に取って読んでいます。

つまり、親が読んで欲しい本の前に
いかに本人が読みたい本と出会わせてあげるか?
がとても大切だなと思います。

本は読み続ければ少しずつ難し本にもチャレンジできます。
その橋渡しとして、学習マンガを挟んであげるのは、
子ども達の可能性を拡げる手段として、有効ではなないでしょうか?

どんな学習マンガだとあなたのお子さまには
最適だと思いますか?

花城 康貴

この記事の書いた人

花城 康貴

(FLOW代表)

CONTACT

まずはお気軽に、
LINEでお問い合わせください。

LINEお問い合わせはこちら

このページのトップへ戻る