未来に向かって自信と力を身につけ チャレンジできる子どもへ

HOME
TOP 代表あいさつ
FLOWについて キャンペーン
事業内容
運動教室 忍者ナイン 英語教室 レプトン
ネクストリーダー
アカデミー
オンライン
運動レッスン
お客様の声
お知らせ
マガジン 代表ブログ
法人概要
スタッフ紹介 法人概要
LINEお問い合わせ プライバシーポリシー
サイトマップ

MAGAZINEMAGAZINEマガジン

2017年6月24日開催の 箕面自由学園小学校の説明会のまとめ

花城 康貴花城 康貴

今回の入試説明会は、3部構成でした。学校説明、授業参観、わくわくHOME(預かり保育)の体験にあります。
お子さんを連れて、実際のわくわくHOMEを体験してもらっている間、
保護者は学校の説明会を受け、1年生~6年生までの授業を参観していくプログラムです。
少しでも私立小学校にご興味がある方は、ぜひ学校に直接足を運んでいただければと思います。
どういう雰囲気で説明会が行われいているのか、どんなお父さんお母さんが来ているのか、
その会を運営している先生はどんな立ち居振る舞いをされるのか、
説明会の内容だけではなく、直接行くことで様々な情報を得ることができます。
「百聞は一見に如かず」です。
今回、箕面自由学園小学校で、大切にしているのは、
「お母さんのライフスタイルを応援」すること。
具体的にはどういうことでしょう?

子どもの生活を学校で完結してもらう

アフタースクールが充実

学内でヴァイオリンが習えるそうです、なかなか出来ないお稽古ですね

・ネイティブによる英会話教室
・書き初めコンクールの上位の成績を収めるほど指導経験がある先生が指導する書写
・油絵の先生
・ヴァイオリン教室 等々
小学生のうちから、豊かな経験を学校の外ではなく、学校の中で体験してほしいと考えられています。学校が終わってから、お稽古に行くのはどうしても、保護者の送迎が必要になりますが、学内でそれを完結してもらおうということです。
英語塾以外はほぼ教員が行われており、制作物などの材料費以外はほぼ無料でやられているそうです。費用面でも、サポートがありますね。

預かり保育、わくわくHOME

夏休み期間中もあるのは、共働き夫婦にはありがたいですね

19時までお預かりが可能。子ども達は「預けられている」感じではなく、兄弟姉妹の様に上級生、下級生が触れあっているとのこと。
例えば、学校の中で畑があり、それを自分達で育て、調理して食べる経験
色々な事をを子ども達が一緒に経験することで、絆が深まりますね。
共働き夫婦には、ありがたい制度ではないでしょうか?
子ども達に「豊かな体験を学校でしてほしい」というのが、ここからも伝わりますね。

箕面市自由学園で大事にしていること

マナー


「箕面自由学園小学校はマナーのいい学校だなぁと思っていただけるよう、初心に立ち返ってやっている」とのこと。阿部校長先生も最寄り駅に立ち、子ども達に挨拶をしているそうです。

書くこと

6年生では5,000字を書くプロジェクトがあります。自信に繋がりますね

「書く」ことを日常化されています。毎日終わりの会の間に、全学年が5分間、書く練習を行っています。書くことで、表現することに自信がつきます。

学びのフォロー体制

国語、英語、算数の3教科を大切にしている。将来の受験を考えると、この小学校の学びはすべての礎になります。算数ではレベル編成をして指導していくシステムを今年から導入されています。
また、7時間目も用意し自由に使える時間として、担任の先生ががしっかり指導されています。皆が学びきるように工夫されています。

人間力の育成に注力

1年生ではイカダ作りを行い、実際で皆で乗り込み、漕ぐそうです

宿泊旅行を1年生から行う。4月に入学したばかりだが、この6月に皆で宿泊旅行を実施。
特にに5年生では、田植えもしながら、2~3人に毎に農家にホームスティを行う。5年生は1年間の間に6泊します。6年間で、15泊の宿泊体験を積んでいきます。
この宿泊体験を通して、お友達同士の絆作りや、集団生活の経験など、人間力形成につなげられる経験を得ることができます。

校内進学塾の開校

関西初の試みです。子ども達と保護者の時間を有効活用できますね

日能研の授業が学校内で受けられるシステムです。もちろん箕面自由学園には中学もありますが、中学受験をされる方もいます。
学内の進学塾に通われることで、「小学生らしい生活ができる」と話されていました。例えば、高学年になると3時過ぎに学校が終わり、塾に通うとなるとスタートが5時~6時の間、移動時間も含め、授業が終わり帰ってくるのが9時以降となるのが一般的です。遠いところだともっと遅くなるかもしれません。そこから夕食、お風呂、そして次の日の予習を含めると夜中になってしまいます。
それが、校内で進学塾にいくことで、そのまま移動時間なく、勉強を始められるため相対的に帰る時間も早くなります。結果的により睡眠時間を確保するこができ、「小学生らしい生活」に繋がりますね。
また、中学受験では様々な情報収集が必要になりますが、これも学校でサポートしていただけるそうです。受験対策も学内で完結できますね。

今年度の入試分野


5種類の問題に分かれています。前年よりも難易度はあがっているそうです。
———-
箕面自由小学校の受験にご興味がある方、「まだ受験するかどうか、迷っている…」「そもそも私立の方がいいの?」という方でも大丈夫です。
ぜひ、お母さんが今感じられている不安であったり、質問をお聞かせください。
——————————————————————————
箕面市にある、知育(1歳から)・小学校受験・小学生の思考力育成教室
『チャイルド・アイズ箕面校』 072-734-7692
箕面市西小路3-1-15 2階(箕面市役所の東向かい。1階にパン屋『カラン』さんがあります)
火曜~土曜 10時~18時 (日月祝と年末年始・お盆休暇のぞく)

花城 康貴

この記事の書いた人

花城 康貴

(FLOW代表)

CONTACT

まずはお気軽に、
LINEでお問い合わせください。

LINEお問い合わせはこちら

このページのトップへ戻る