未来に向かって自信と力を身につけ チャレンジできる子どもへ

HOME
TOP 代表あいさつ
FLOWについて キャンペーン
事業内容
運動教室 忍者ナイン 英語教室 レプトン
ネクストリーダー
アカデミー
オンライン
運動レッスン
お客様の声
お知らせ
マガジン 代表ブログ
法人概要
スタッフ紹介 法人概要
LINEお問い合わせ プライバシーポリシー
サイトマップ

BLOGBLOG代表ブログ

家族 教育

小学校受験と真似び

花城 康貴花城 康貴

elementaryschool

「何の為に小学校受験をするのか?」
この問いは、受験を成功させるためには避けて通れないと思います。

その中で、家庭内に「教育ビジョン」があるのか?というのも重要なポイントです。

教育ビジョンとなると、「そんな難しいものは…」となってしまうかもしれませんが、私立or国立小学校に最低でも6年間通うことの『目的』から考えるのが良いかなと思います。

なぜ受験を志そうと思ったのでしょうか?

子ども達が大人になる頃は、今とまったく違った環境で生きていかないといけません。人口知能やロボットが今の携帯電話のように距離感で存在しているかもしれません。

その頃には、国が国民を守れる時代ではないでしょう。国に依存しては、幸せな生活は築きずらいでしょう。1人ひとりの人間が、自律し自ら社会に貢献していくことが求められます。

そのためには、人間力が求められます。

大学受験が変わっていくのもここにポイントがあります。社会が求める人物像が変わってきています。非認知能力やGritも特段今出てきたものではなく、昔からあるものです。社会が必要する能力が変わってきただけです。

お受験では沢山のペーパーや行動観察があります。
ペーパーが得意な子、おしゃべりが得意な子、運動が好きな子様々です。

教室でお勉強・【学び】は大切です。
これまで蓄積した指導経験や学校との関係性は、やはり教室の存在価値だと思います。

この【学び】に大きなヒントがあります。

お勉強問わず、子どもは大人が言うとおりにはしません。親が手をやくところですね。
でも、大人がするとおりにはします。

結局のところ、

学びは【真似び】です。
子どもは見て学びます。

だからこそ、

親の在り方が、重要だと思います。
(教育ビジョン:どの様な教育を受けてほしいか、その理由は?)

冒頭に戻りますが、
何の為に小学校受験をするのか?この問いについて夫婦間の深いコミュニケ―ションが必要であり、我々の日々の態度・振る舞い・行動・発言が重要になります。

花城 康貴

この記事の書いた人

花城 康貴

(FLOW代表)

CONTACT

まずはお気軽に、
LINEでお問い合わせください。

LINEお問い合わせはこちら

このページのトップへ戻る