未来に向かって自信と力を身につけ チャレンジできる子どもへ

HOME
TOP 代表あいさつ
FLOWについて キャンペーン
事業内容
運動教室 忍者ナイン 英語教室 レプトン
ネクストリーダー
アカデミー
オンライン
運動レッスン
お客様の声
お知らせ
マガジン 代表ブログ
法人概要
スタッフ紹介 法人概要
LINEお問い合わせ プライバシーポリシー
サイトマップ

BLOGBLOG代表ブログ

未分類

弥生給与の無料体験セミナーに行ってきた

花城 康貴花城 康貴

20110603

システム化オタクになりつつあるヤスです。
精度UP、コストDownが出来るとすごくテンションがあがります。
今年はこれ以外に『コストカッター』というアイデンティティが加わりそうです。

さて、日本にある中小企業の中で、
PCを使わず給与計算をしている会社はどれぐらいあるでしょうか?

もちろん正確な数は分かりませんが、お付き合いがある労務士さん曰く
「ゼロ」

それは嘘です。
ここに1社ありますよ!(笑)


話を弥生給与に戻すと、今までPCを使わず給与計算を行っている会社は
少しでも早く会計ソフトに移行した方が良いです。

理由は3つ
・スピードUP
・精度UP
・人件費の見える化で経営効率UP

当たり前すぎるメリットです。
運用が安定化するための時間的コスト、
ソフト費などのハードコストは掛かりますが、
今まで掛かっていた人件費を考えると十分ペイできます。

弥生給与では、無料体験セミナーがあります。
http://www.yayoi-kk.co.jp/seminar/sa/?route=semi_demo&lid=2

東名阪は結構な頻度でセミナーが開催されています。
他の地域についても広範囲で開催されているようです。

今回、自分が見極めたかったのは、
「タイムレコーダー」の打刻データとどう連携させるか? でした。
(アルバイトさんが多いので、それを手で計算するだけでも
結構な時間が掛かるのです)

結論は、弥生と提携しているタイムレコーダーを使えば半自動で運用可能だが、
CSV形式で吐き出す事が可能なタイムレコーダーだったら他機種でもOKとのことでした。

ちなみに、
セミナーの内容は、超基本的な内容でした。
でも、独特の操作がある会計ソフトなので、解説はとても助かります。
逆に無いとちょっと厳しいと思います。

個別の質問がある方はぜひ無料体験セミナーで直接質問されるのをオススメします。
 

花城 康貴

この記事の書いた人

花城 康貴

(FLOW代表)

CONTACT

まずはお気軽に、
LINEでお問い合わせください。

LINEお問い合わせはこちら

このページのトップへ戻る