未来に向かって自信と力を身につけ チャレンジできる子どもへ

HOME
TOP 代表あいさつ
FLOWについて キャンペーン
事業内容
運動教室 忍者ナイン 英語教室 レプトン
ネクストリーダー
アカデミー
オンライン
運動レッスン
お客様の声
お知らせ
マガジン 代表ブログ
法人概要
スタッフ紹介 法人概要
LINEお問い合わせ プライバシーポリシー
サイトマップ

BLOGBLOG代表ブログ

未分類

ブランドイメージ・外食編

花城 康貴花城 康貴

日経レストランメールマガジンで外食産業のブランドイメージのランキングがあった。 やはりというか1位は「スターバックスコーヒー」、2位「モスバーガー」、 3位「マクドナルド」。 マクドナルドに関して言えば昨年は1位だった模様。 やはりBSE騒動はブランドイメージにも確実に影響与えているようで、この時期にスターバックスが1位になったのもそのためだと考える。
以下、メールマガジンからの引用。

対象となった1000ブランドのうち、飲食店(外食企業)は35。昨年の1位~5位は、「マクドナルド」「モスバーガー」「スターバックスコーヒー」「ケンタッキー・フライド・チキン」「吉野家」の順だった。「マクドナルド」「吉野家」は、BSE騒動の影響などが大きかったようだ。一昨年から昨年にかけても上位の顔ぶれは入れ替わっており、ブランド力を維持することの難しさが表れている。
 全体1000ブランドの中で100位に入った外食ブランドは6つ。最も順位を上げたのは「牛角」で、昨年の644位から305位に浮上している。また、それぞれの評価軸で見ると、総合力の順位とは違った面が見える。「フレンドリー」のNO1は「ミスタードーナツ」、「コンビニエント」は「リプトン」、「イノベーティブ」は「スターバックスコーヒー」で、「アウトスタンディング」は「モスバーガー」という結果だった。
 ホテル(調査対象ブランドは21)の順位も入れ替わっている。今年はヒルトンホテルがトップで、以下、下の表の通りだが、昨年は、帝国ホテル、ヒルトンホテル・ホテルニューオータニ(同点2位)、ホテルオークラ、シェラトンという順だった。
■飲食店のブランドイメージ(上位15) ※カッコ内は全体の中での順位
1位(14)   スターバックスコーヒー
2位(25)   モスバーガー
3位(60)   マクドナルド
4位(84)   ミスタードーナツ
5位(86)   ケンタッキーフライドチキン
6位(99)  リプトン
7位(133) 不二家
8位(194) 吉野家
9位(204) ドトールコーヒー
10位(217) ガスト
11位(262) ロッテリア
12位(301) アフタヌーンティー
13位(305) 牛角
14位(307) バーミヤン
15位(336) すかいらーく
■ホテルのブランドイメージ(上位10)
1位(264) ヒルトンホテル
2位(333) 帝国ホテル
3位(399) ホテルオークラ
4位(400) プリンスホテル
4位(400) ホテルニューオータニ
6位(479) シェラトン
7位(503) 日航ホテル
8位(536) ハイアット・リージェンシー
9位(552) ホテルミラコスタ
10位(559) 全日空ホテルズ
-引用終わり-
「日経レストランONLINEマガジン」  No.114より
ホテルに関して言えば、以前ではヒルトンが強いもよう。 インターコンチネンタルがないのが少し驚き。

花城 康貴

この記事の書いた人

花城 康貴

(FLOW代表)

CONTACT

まずはお気軽に、
LINEでお問い合わせください。

LINEお問い合わせはこちら

このページのトップへ戻る