未来に向かって自信と力を身につけ チャレンジできる子どもへ

HOME
TOP 代表あいさつ
FLOWについて キャンペーン
事業内容
運動教室 忍者ナイン 英語教室 レプトン
ネクストリーダー
アカデミー
オンライン
運動レッスン
お客様の声
お知らせ
マガジン 代表ブログ
法人概要
スタッフ紹介 法人概要
LINEお問い合わせ プライバシーポリシー
サイトマップ

MAGAZINEMAGAZINEマガジン

子ども達が世界の課題と向き合うNLAのご案内

花城 康貴花城 康貴

特定非営利活動法人フロー 代表の花城です。
いつもありがとうございます。
2019年も終わりが近づき、
2020年オリンピックイヤーがスタート。
どんなドラマが生まれるか、
これからとても楽しみですね。
さて、子ども達に教育に係わることも
大きな変化があります。
・プログラミング教育
・英語教育
皆さんがよく耳にするところかと思いますし、
既に始められている方もおられると思います。
(当法人でも英語のレプトンも行っています)
最近、私が感じるのが、
私含めて、親世代の共通の悩みとして、子ども達に
『どんな教育をさせてあげると良いか分からない』
という点です。

海外に目を向けると、高校生が世界に向けて
気候変動について訴えかけ、それが世界中に伝播し
凄い影響力を持っていたりします。
私達が学生だった頃には想像も付かないことを
若い子たちは行っています。
なので、繰り返しになりますが、
どんな世の中になるか、より想像しずらいため
どんなことを子ども達にしてあげたら良いか
悩んでしまうことが多くなりますね。
今回、そのお悩みにお答えするべく、
トライアルではありますが新しい学びをスタートします。

NLA~ネクストリーダーアカデミー~

概要、
SDGsという言葉を聞いた方もいるかと思います。
これは世界で決めた、お困り事になります。
例えば、飢餓や気候変動など多岐に渡ります。
私は、今の子ども達が世界で起こっていることを
リアルに知る機会が大事だなと思っています。
先の高校生(グレタさん)ですが、
物の見方が、自分の周りではなく、
国家レベル、地球レベルといった
とても高い視座から物事を見ているのが
私としてはとても印象的です。
みなさんのお子さんがグレタさんになる…
わけでは、まったく違います。
ただ、恐らく自分の子も含め、
20,30年後に社会に出て、働くとなった時には
社会問題をより我が事として捉え、
それに対して解決できる、解決したい人財が
世の中から求められるのではないかなと感じています
今回はSDGsの概要を知ってもらいなが、
TOCfEという論理的思考ツールで
実際自分でなにが出来るのか?という問いに
子ども達にチャレンジしてもらいます。
SDGsは会社、国や、政府だけのものではなく、
一人ひとりが何かしらアクションしていくものです。
エントリーお待ちしてます。
詳細は添付のPDFをご覧ください
NLAチラシ表紙
 
 
 
エントリーは以下のURLから
https://flow_torus.typeform.com/to/uP3yQP
あと4名ほど残席のようです
満枠になるとキャンセル待ちになります。
ご了承ください

  • NLA
  • sdgs
花城 康貴

この記事の書いた人

花城 康貴

(FLOW代表)

CONTACT

まずはお気軽に、
LINEでお問い合わせください。

LINEお問い合わせはこちら

このページのトップへ戻る