未来に向かって自信と力を身につけ チャレンジできる子どもへ

MAGAZINEMAGAZINEマガジン

全8回の英検対策で合格をつかむ!

澤井佑介

以前の記事では英検や英検対策の概要について紹介しました!
今回は全8回の英検対策の流れについてお伝えします。

 

これまでに紹介したレプトンでの英検対策の特徴として……

①模擬テストの実施を含めた全8回の短期集中型

②自立学習をベースにそれぞれのペースで学習できる

③受講希望の時間を選ぶ事ができる

の3点を紹介しました。

それでは8回のそれぞれではどのようなレッスンを行うのかをご紹介します。


1回目

まずは初回受講前にお渡しした模擬試験を提出してもらいます。
そこからレッスンの流れについての説明を行い、スタートです!

使用テキストは「英検をひとつひとつわかりやすく。」シリーズ
https://gakken-ep.jp/extra/eiken/hitotsu/

レプトンの通常レッスンと同様にCDで頻出表現を確認し、問題に取り組みます。
同じ形式の問題ばかりにならないように、ページを変えながら実施!

英検の問題の雰囲気だけでなく、レッスンの流れをつかみ、自立して学習できるようになることがまずは目標です!

宿題もあるので、次回に向けて準備をしてきましょう。

・2回目~6回目

徐々にレッスンに慣れてきて、どんどん単語や熟語、問題の経験値を増やます。
最初は分からなくても、繰り返し解くことで形式を覚えられるようにしていきます。

各回、まずは宿題の確認やテキストの単語ページのウォーミングアップからスタート!
自立して学習を進めつつ、疑問点はチューターがサポートします。

ページごとに目安の時間があるので、試験に向けて時間意識も持ちながら取り組むことが大切です。

・7回目

これまで積み重ねてきた成果を模擬試験という形で確認します!

実際の試験時間と同様の形式で取り組むので、本番に向けて自分の課題を洗い出しましょう。
合格に向けた現在位置を把握して、残り期間で何をするべきなのかを再度確認するきっかけにもなります。

・8回目

ついに最終レッスン。

8回目は試験本番まで残り数日程度になっているかと思います。
前回の模擬試験の振り返りを行い、復習と本番に向けた対策をします。

ここまで来ると、あとは自分のできる最大限の準備をするだけ!
これまでの7回で見えてきた傾向から長所を伸ばす、もしくは弱点を補うことで自信をもって本番に臨みましょう。


 

以上のように全8回の英検対策レッスンを通して、目標級の合格を目指します!

一斉授業ではなく、一人ひとりに合わせた個別対策ができるので、受講時間を選択できるのもメリットですね!

ぜひレプトンの通常レッスンだけでなく、英検対策にも取り組んでいきましょう。

この記事の書いた人

澤井佑介

CONTACT

まずはお気軽に、
LINEでお問い合わせください。

LINEお問い合わせはこちら

このページのトップへ戻る